QとかJとかIとか

娘。Q期やらJ=Jやらアンジュやらを愛しているブログです。妄想が大好きです。

何の脈絡もないけど、モーニング娘。9期について語ってみる。

あいあいこと相川茉穂ちゃんの件が無ければ、1月に書いてアップしようと思っていた記事。何か月もたってしまって、特に9期に何のかかわりもない時期になってしまいましたが、やっぱり書きたくなってしまったので書いてみます!

https://stat.ameba.jp/user_images/20150719/09/morningmusume-9ki/8a/2c/j/o0480036013370076333.jpg?caw=800

はい、9期!

左から、マシュマロボディとパワフル歌唱が魅力の現リーダー譜久村聖ちゃんと、この写真では痩せてるけどぽっちゃり系アイドルをしていたこともある鈴木香音ちゃん(現在は芸能界引退)と、クロバットができるKY系美女アイドルサブリーダーの生田衣梨奈ちゃんと、現在は留学中でかつての娘。のエースだった鞘師里保ちゃんです

メンバーカラーがピンク・緑・黄緑・赤と偏りまくってますが、もともと生田衣梨奈ちゃんは紫でした。このあたりはちょっと語ると長くなるので割愛。(いや、単純に生田衣梨奈ちゃん憧れの先輩である新垣里沙ちゃんから受け継いだっていうだけの話なんですが、私の思いを語ると非常に長くなるんです)

現在はぽんぽんコンビともいわれる譜久村聖ちゃんと生田衣梨奈ちゃんのみがモーニング娘。に在籍しております。

 

 

 モーニング娘。はなんだかんだで「期」を大切にするグループだと思います。他のハログループも多少はあれど、歌割やライブの構成まで「期」で固めることが多いのは珍しいんじゃないかな。カンガルなんかはあってないようなもんという感じ。(のような気がする)

そして、特に9期が入ってから今までの間、一緒に活動してきたメンバーは「期」をとーっても大切にするメンバーだったと思うんです。

例えば、高橋愛ちゃん・新垣里沙ちゃんのいる5期(そして、9期加入時には既に卒業していたけれど紺野あさ美ちゃん・小川麻琴ちゃんもいる)。「愛ガキ」とかいってもうこれは事務所公認のガチコンビ。

そして、道重さゆみちゃん&田中れいなちゃんの6期(亀井絵里ちゃん・藤本美貴ちゃんは以下略)。ここも、かなりガッツリライン。「6期トーク」とかいってライブでもコーナー持っていたしね。

7期、8期はソロ加入だったのでちょっと置いておいて。

そして、10期。10期はもうはた目から見ていると女同士のドロドロトラウマを思い出して鬱になるぐらいの密着具合。「10期最強!!!!」「10期の絆!!!!」というのが非常~~~~に強い期。もしかしたらファン&メンバーがものすごい結束を感じている期っていうのは、20年の歴史の中でもここだけじゃ?と思う。こんなに「期」の強さみたいのを感じたのは、初期以来かもしれない。

そして、こちらもソロ加入の11期は置いておいて。

12期は何とも言えずちょうどいい感じの距離感。真莉愛ちゃん(だったかな?)あたりがバラバラ、とも言ってましたが、ギスギス感はなかったと思います。13期は、2人加入ということもありこちらも割といい感じ。14期はソロ加入なので以下略。

 

と、9期が加入した後の「期」を見ると、5~6期が非常に結束が強く、9期でがっくり落ち込み、10期で盛り上げに盛り上げ、12期以降は程よく落ち着く。という流れに思えるんです。

これは、「5~6期(かつては、2期・4期あたりも)の絆とかいいよね」って思ってた大人たちが、9期のあまりのバラバラ具合にびっくりして10期に「ちょ、絆とかもっとアピールして!!」と言い過ぎてちょっとやりすぎちゃって、12期以降は「普通にしてていいから」「そのうち絆っぽくなるから」と言っていたのでは?と疑ってしまうぐらいの曲線的ばらつき具合。

まあ、別にそんなこともなく、単純に10期は仲が良いっていうだけの話だと思うんですが(実情は知らないので、とりあえず表面上だけの話をしておきますね)

そんなわけで、前置きが長くなりましたが、9期はバラバラだったと言われているんです。もしくは、不仲だったと。

別にアイドルはメンバーと仲良くしなくてはいけない決まりもないですし、あえて仲良しアピールしなくても自分たちが仲いいと思っていればいいはずなので、別に不仲がダメとは言わないのですが、仲がいいとか悪いとか、そういうのを超越して9期って最高なんだよなあと思うんです。

9期の何がいいっていうと、バランスなんです。見た目も(最後はちょっとみんな太っちゃったけど)スキルも性格も。本当にバラバラなのに、バランスがとれている。

今回は、そんな9期の魅力を語ろうかなあと思ってます。

そんなわけで、

何の脈絡もないけど、モーニング娘。9期について語ってみる。スタートです!

9期の魅力その① お互いの呼び方

9期の何がいいというと、実はほとんどいわゆる「ニックネーム」で呼び合っていないことなんだと思うんです。

モーニング娘。は結構、ニックネーム文化(?)があるので、10期内ではほとんどニックネームで呼び合ってるんですよね。工藤遥ちゃんは同期から「どぅー」と呼ばれているし、佐藤優樹ちゃんもみんなから「まーちゃん」って呼ばれている。

でも、9期は半分以上が独自の呼び方。(水色が独自の呼び方)

譜久村聖ちゃんからは→「えりぽん「里保ちゃん」「香音ちゃん」

鞘師里保ちゃんからは→「ふくちゃん」「えりぽん「香音ちゃん」

生田衣梨奈ちゃんからは→「みずき」「里保」「香音ちゃん」

鈴木香音ちゃんからは→「みずきちゃん」「えりちゃん」「里保ちゃん」

まあ、ニックネームがやや呼びづらいというのはあったと思うんですが(ヤッシーとズッキだしね…)でもやっぱり、萌えるわけです。

特に、唯一「えりちゃん」呼びをする鈴木香音ちゃんに萌えてみたり、唯一「みずき」呼びをする生田衣梨奈ちゃんに萌えるわけなんです。

たぶん、鞘師里保ちゃんを「里保」って呼ぶのは、私が知る限りハロプロの中では生田衣梨奈ちゃんだけなんです。あとは「鞘師」、「鞘師さん」、「りほりほ」(これは道重さゆみちゃん)あたり?

個人的に生田衣梨奈ちゃんが「亜佑美ちゃん」って呼んだり「優樹ちゃん」って呼ぶのにキュンキュンするよくわからん系ヲタクなので、この辺本当にポイント高いんです。

なんというのかな、プライベート感を感じるんですよね!それも、「あかねちん」とか「はーちん」「ちーちゃん」というちょっと崩したニックネームじゃなくて「香音ちゃん」という初顔合わせのときから親友になっても使える呼び方をしている、というのがね…もうね、やばいんです。

うまく言えないけど、「◎◎ちゃん」と呼んでいるだけで、この9期の関係はいいなあって心の底から思うんです。

9期の魅力その② バランス

エッグから1人、スキルメン1人、ビジュアルメン1人、3枚目キャラ1人で選ばれた9期は、本当にバランスがいい。

なんと言いますか、当時のモーニング娘。5人にうまく後継者を作ったなあと思うんです。

前に何かで言ったような気もするんですが、「まじですかスカ!」のMVでの組み合わせが、そのまんまだったのかなあって思うんです。


モーニング娘。 『まじですかスカ!』 (MV)

田中れいな鞘師里保(スキルエース)

道重さゆみ生田衣梨奈(ビジュアル&バラエティエース・ぽんこつ枠)

新垣里沙譜久村聖(縁の下の力持ち系・まとめ役)

光井愛佳鈴木香音(明るい系・MVでのおふざけ枠)

実際そういうキャラで成長しているので(思った以上にフクちゃん&えりぽんは伸びて縁の下・ぽんこつではなくなってきたけど)この時期にこれを考えた人すごいなあって思う。

そして、既にその次の「彼店」では本当にそんな感じでしたからね。


morning musume - 彼と一緒にお店がしたい (HD)

さゆと同じように寝顔カットのある生田衣梨奈ちゃんと、メイン張っている鞘師里保ちゃん。りほりほと同い年なのになぜか1人ランドセルの鈴木香音ちゃんと「バイトシフト~」のパートをもらった譜久村聖ちゃん。

キャラ被りもほぼなく、優等生お嬢様、スキル高いエース、KY系美女、笑顔がかわいい系でバランスも良かった。

あー娘。始まったなあなんて思ったわけなんです。

9期の魅力その③ 10期加入と、1人だけ推された9期

これが魅力なのか何なのかは置いておいて。

早かった。10期入るの。「えっ…」ってなりましたもん。

特に、高校生メンバーがガッツリ入ったんじゃなくて、中学生だったし。「よーやく名前と顔覚えたのに…えっ、今?!」と。

後から、もともと9期でもっと人数とってガラリと入れ替える予定だったという構想も聞いて、「ああそうだったんだ」とは思いましたが。

9期メンもそりゃ崩れ落ちますよ。

ようやくファンからも認知されてきて、頑張ってきて、コンサート成功させて。ちょっとやっぱり、かわいそうでした。

もちろん、10期が悪いとかじゃないんですけどね。

で、フタを開けてみれば9期vs10期対決とかやらされて、絆()の力で負けちゃって。

いつの間にやら「普通に仲良し」の4人が「バラバラ」の4人という位置づけになっていたわけです。

思わずこれは、「事務所が10期メンを推したいから9期はバラバラっていう演出してるの?」とか思ってしまったこともあったんですがw

だってね、これですよ。ちゃんと9期は9期でまとまってる。というより、年頃の女子の関係っていうのは、これぐらいのほうが普通ですよ。


新垣里沙 涙の卒業コンサート(ハロプロ!TIME#57)

9期は、本当に複雑な期だったと思う。10期はそこまで一人だけ推されている子も干されている子もいなかったけれど(当時)、鞘師だけが推されていて、辛かっただろうなあ。と。月夜の~を見ているみんなの顔が切ない。

そして、ドンキにいる4人がかわいくて、生ガキが死ぬほど愛おしい。(特に関係ない話ですみません)

こう考えると、3期や11期は1人加入が正解だったんだなあとか思ってしまう。でも、それだと鞘師はつぶれてしまっていただろうしなあ…。(さすがにあそこまでキャリアが開いててしまっているとなあ…)難しい。

でもだからこそ、10期は絆の力で戦おうと思ったのかな?どうだったのかしら。

でも、その鞘師里保ちゃんに対する3人は本当に偉かった。コツコツスキルを積んで努力してきた譜久村聖ちゃんに、「負けんもん!」っていい意味で同期らしい立ち位置をキープしてきた生田衣梨奈ちゃん、ずっとにこにこしながら寄り添っていた鈴木香音ちゃん。

誰が1人欠けていても、鞘師里保ちゃんはもっと早くにつぶれてしまっていたんだろうなあと思います。

9期の魅力その④ 初めての卒業が、エース鞘師里保

これが魅力かというと以下略。

特に9期は、同期で全員一緒に卒業☆っていうのないだろうとは思ってました。今までも同期の中で2人一緒に卒業~とかはありましたが、まあそれでもグループの特性的にいつか誰かが抜けていくんだろうな、というのはありました。

まあ単純に年齢だけで行けば、譜久村聖ちゃん。あとは、いろいろ道を身軽に見つけていきそうだな、と思ったのが生田衣梨奈ちゃん。エース鞘師は事務所が手放さないだろうと思ったし、鈴木香音ちゃんは若かったし(とはいえフクちゃんとかとそんなに変わらんけどw)、いつも楽しそうだったから長くいるのかな?とも思いました。

それが、鞘師里保ちゃん。

まあ、最後の方は色々辛そうだったですし、「お疲れ様。本当によく頑張ったね」というノリでしたが…。(まあohmywishで香音ちゃんがメイン張ったり、えりぽんおはガールしたりとそれなりにいろいろありましたが)

じゃあ残り3人はどうかというと、そこが少し…うん、分かれてしまったところかなあと。

小田さくらちゃんと並んで歌のメインをガッツリとった譜久村聖ちゃんと、歌唱力を(当社比ではあるが)上げて歌割を少しずつ増やしていった生田衣梨奈ちゃん。

鈴木香音ちゃんは…どうしたんだろう。リバウンドしてしまったせいなのかそうでないのか(表向きはそうでないですが)卒業。

里保ちゃんがいなくなって、心が折れてしまったんだろうか。このあたりちょっとわからないのですが、まさかの9期でも年少組だったりほかのが先に卒業。

このあたりのアンバランスさが、なんというか…9期だなあと思うんです。

誰もが10期の最初の卒業者が工藤遥ちゃんになると思っていなかったみたいに、誰もが9期でりほかのがぽんぽんより先に抜けるなんて思ってなかったはずなんです。

個人的に私は、9期は鞘師里保のために集められたメンバーだと思っているんです。鞘師里保をサポートし、更に鞘師里保を脅かせる可能性のある子たちが集められたと思ってるんです。

だからこそ、その鞘師里保ちゃんが抜けて、9期の土台がぐらついている。

でも、そこを踏ん張ったのが、譜久村聖ちゃんの強さであり、生田衣梨奈ちゃんのしなやかさだと思うんです。

「里保がなんぼのもんじゃい」。そんな風に言えるぽんぽんだからこそ、9期には魅力しかないなあと思うんです。

9期の魅力その⑤ アイサレタイノニ...

www.nicovideo.jp

 

9期4人での、ユニット曲。「アイサレタイノニ...」

ダンスフロアに魂を込め、というところから始まる歌詞は、まさに鞘師里保ちゃんをイメージしたと誰もが思ってしまうような曲。

でも歌詞を知れば知るほど、ああ違うなあ。これは9期の曲なんだなあって思うんです。

www.kasi-time.com

 

「太陽のように」と「何も怖くない」を両立できる期は、きっと9期だけ。明るい期は確かに今までもたくさんあったし、っょぃといわれる期もあった。

でも、その両方を兼ねそろえて、「夢と感動を振りまける」のは、9期だけだと思うんです。

ええ、ただの盲目ヲタですが!!

そのうちぽんぽんと13期あたりでカバーしてほしいな。もちろん、ぽんぽん2人ででも!

何の脈絡もないけど、モーニング娘。9期について語ってみる。でした!

何が言いたいのかよくわからない記事でしたが、読んでくださった方ありがとうございました。

最初にうまくまとめると、「9期最高!!」ということです。(ハテ)

例えわずかな時間であっても、9期4人が揃った姿が見られるだけで幸せなヲタクなので、9期がこの4人で本当によかったなあと思う毎日なのでした。

公の場では二度と見ることはないと思いますが(香音ちゃんは芸能界を卒業しているし)、いつか4人でハワイあたりでのんびりと過ごして「あんなときもあったね」なんて話していたらいいなあと、妄想しております。

 

お気に入り9期動画をまとめて、終了しまーす!えりぽんばっかりですがw


モーニング娘。 9期決定SP 1

やっぱ鞘師は別格。えりぽんかわいい。


Sayashi Riho 鞘師里保の「絆」と 生田衣梨奈の「愛」

ピンポンダッシュが愛おしすぎてもう…。


The backstage of ULTRA SMART

ぽんぽんの誓い。


生鞘のびみょ~な距離

衣装かわいい。生鞘が好きです。(そうです)本音が言えないちんげーるな里保ちゃん。


モー娘。道重、後輩の成長喜ぶ モーニング娘。コンサートツアー2013秋 ~CHANCE!~

このまま9期が引っ張っていくと思ったのに…。


個性的な9期 その9 ~カラオケ編2~(譜久村聖、生田衣梨奈、鞘師里保、鈴木香音)

えりぽんが好きになるDマガ。りほりほが笑顔で何より。


鞘師里保、最後のモー娘。単独公演に涙 真っ赤に染まる武道館「人生の宝」 モーニング娘。'15コンサートツアー秋~PRISM~

泣くわけないでしょ、泣くはずがない。


モーニング娘。'16「声~乙女のタイミング~YAH!愛したい!~愛して 愛して 後一分」2016春【EMOTION IN MOTION】

大好きで、大好きで、大好きすぎて。


ぽんぽんコンビ その9(譜久村聖、生田衣梨奈)

例え2人になっても、9期は最強です!!

和田彩花ちゃんの卒業から考える、「アイドルを卒業しなくてはいけない」という謎の呪縛

あやちょこと和田彩花ちゃんが、卒業を発表しましたね。スマイレージ初期メンで現アンジュルムのリーダー、そしてハロプロ全体のリーダーでもある和田彩花ちゃん。卒業は来年とのことでずいぶん長いなあと思いつつまあ立場上しょうがないかなあとも思っております。

ãåç°å½©è±ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

さぞかしヲタが「あやちょおおおお」となっているかと思えば、みなさんあっさり。「年齢的にそろそろだと思ってました(キリッ」という感じでしたね。

なんでもハロプロには「25歳定年説」というものがあり、ちょうど和田彩花ちゃんもその年齢だったのだとか。ちなみにモー娘。飯窪春菜ちゃん、Juice=Juiceの宮崎由加ちゃんも同い年でそちらの動向も注目されているのだとか。

…ふーん。。。

……

……あのさ、あのさ。それってどーなのよ。というのが今回のブログの趣旨です。

特にモーニング娘。アンジュルムは「卒業と加入を繰り返す」というコンセプトのようなものがあるんですよね。

だとすると「卒業を前提とした加入」なわけです。ヲタは「いつ卒業するのかな」と思いつつ限られた期間の少女たちの活動を見守るわけなんです。

で、思ってたより卒業が早いと「運営が」「周りのメンバーが」「本人の自覚が」とヤイヤイ言うわけ。

でもさ、それってやっている側としては、ひどくむなしくないですか。

以前尾形春水ちゃんの記事のときにも少し言いましたが、今のハロプロには明確な「ゴール」というものがないと思うんです。だとすると、自分でゴールを見つけなくてはならないんですよね。

でもそのゴールというのが、いつの間にか「卒業」しかなくなってしまっている。その間の小さなゴールというか、関門のようなものは細々あると思います。インディーズから始まった子だとメジャーデビューとか、どこそこでライブとか、地上波の音楽番組出演とか、売り上げ何万枚とかオリコン何位とか。

でも、最後のゴールは「卒業」以外ない。別のゴールを見つけようとしても、「まだいるの?」「はよ辞めろババア」とか言われるんです。

25歳がババアとか、そういうことばっか言ってるからドルヲタはロリコンとか言われるんだろうなあとか思いつつ…まあその話はいいや。

そして結果としては、「卒業」というゴールになり、ヲタや周りのメンバーから言われる言葉は「おめでとう」。

なんというか、アイドル=卒業しなくてはいけない=卒業した時はおめでとう。という流れが確定しているのが…なんというのかな。むなしいというか、悲しいな、と思ったんです。

確かに、フリフリの服着て「胸がキュルルン♡」というアラサー、アラフォーはイタいかもしれない。でも、かっこいい服着て「お気に召すまま♡」というアラサー、アラフォーはいけるでしょう?

ハロプロは、それができるグループだと思ってるんです。

「音痴だけどかわいい格好してるから、応援してね」「口パクだけどウィンクいっぱいしてウェーイ状態にするから、ライブに来てね」「処女性出して甘えるから、チェキいっぱいとろーね」というグループではないんです。

接触イベントも増え、「アイドル」というくくりではきていますが、もともとはボーカルグループから始まっている。

とすれば、アラサーだろうがアラフォーだろうが、結婚してようが子や孫がいようがパフォーマンス力があれば「卒業」なんてしなくていいんじゃないのかなって思うんです。

実際にドリームモーニング娘。やらOG参加のライブやらでは、「アイドル」というよりは「アーティスト」として盛り上げてますよね。(まあOG参加のものは限定感もあるので、盛り上がっているんだろうなあとも思いますが)

 

他グループを出して恐縮ですが、E-girlsなんてアラサーが普通にいますよ。一部のロリコンヲタの中にはいろいろ言う人もいるかもしれませんが、彼女たちはダンス&ボーカルグループなので、「若さ」=「売り」ではないんじゃないのかなあと。

そして、彼女たちが若い女性たちから支持される理由は、憧れられるから。「こんな風にかっこよくなりたいな」「髪型真似しようかな」と思えるのは、同世代かやはり少し上の女性なんだと思います。

そう思うと、25歳で卒業させてしまう限り、ある程度お金に余裕があり、また時間に余裕があるアラサー女性は「かわいいなあ」とか「歌うまいなあ」という視点を持った人しかファンになってくれない。

特にこの先卒業が有力視されている飯窪春菜ちゃん&宮崎由加ちゃんは、ビジュアル的にも中身的にも「こんな子になりたい♡」と女性から支持を集められる子。

炎上しないところも心得ている2人にインスタやらせたら、間違いなく新規ホイホイになりますよ。

それを「ババア」だの「定年」などでとっととゴールへ行け(卒業しろ)というおっさんたちはね…。

女性はどちらかと言えば現実的なんで、「気になるし応援してみたいけど、すぐ卒業しそうだしな…」となってしまいがち。

何しろせっかく買ったグッズも、使えなければ意味がない。売りたくても卒業した後じゃ売れない。おっさんみたいに押入れに詰め込んで時々見返して「ああ何とかちゃん可愛かったなああ」なんていうことは女性はしないんです。基本的にコスパ重視なんです。(人それぞれだとは思いますが)(ちょっと言い過ぎました)

さて、話がちょっとそれましたが。

「卒業しないアイドル」がいてもいいんじゃないかなというのが、今回の私の提案。

某男性アイドルグループなんて、アラフォー、アラフィフになっても普通に活動しているじゃないですか。

アラフォー、アラフィフならそれでそれなりの表現の仕方やかっこよさがあるんです。だって相川七瀬さんは今でもかっこいいしかわいいじゃないですか!(唐突)田中れいなちゃんはあの路線でもいけるぜ!

元は「卒業と加入を繰り返すグループ」の先駆け的な存在だった、ハロプロ。ここで流れを変えるためにも「卒業しないアイドル」を作ってみてはいかがか。

perfumeみたいに、「ずっと変わらない」グループのあの安心感と安らぎを、ハロプロにも。

もちろん、パフォーマンスの質が落ちてきたな、とかそういうときや次の道が見つかった、というときの卒業はあり。結婚や子育てで一時休業もあり。でも、年齢的にそろそろだから、という卒業はそろそろやめてもいいんじゃないかな。

ハロプロには、常に目新しいことを見つけて「アイドル」という定義を崩し、また作っていき、パイオニア的存在になってほしいなあと思うんです。グループ兼任だのユニットだのというのも、(もしかしたら考えたのは違うかもしれないけど)世に広めたのはハロプロが先でしょ?

そのためにも、ヲタは25歳の子に対して「ババア」とか「定年」とかいう言葉を使うのは慎んでほしい。

「いくつになってもパフォーマンスが輝く限り、応援し続ける!」そう断言している限り、更に進化して、結果的に「卒業」とはまた異なる美しく魅力的な「ゴール」を彼女たちは目指せるんじゃないかなと思います。

 

何はともあれ、あやちょ、今まで本当にお疲れさまでした!


アンジュルム あやかのん「ふたりはNS」

尾形春水ちゃんの卒業をきっかけに考える、アイドルのゴールって何だろうというお話

正直、ちょっとびっくりしました。モーニング娘。12期メンバー・尾形春水ちゃんの卒業発表。

個人的には年齢的にも飯窪春菜ちゃんあたりがそろそろ卒業なのかな、と思っていたので…。

でも内容を読めば、進学のため、ということでそうかそうか、という印象。

1年浪人しながらも一生懸命勉強した、ということで、今までお疲れ様!これからも頑張ってね!ありがとう!!という思いでいました。

 

が、ネットでちらりと見たのは「なんのためにはーちんはモー娘。に入ったんだよ」という、意見。

まあ確かに、鈴木香音ちゃん・工藤遥ちゃんのようにセンターをゲットしたわけでもなく、「はーちん成長したあああああ!!!!」というのが(もちろんそれなりにはあったけど)如実にわかったわけでもなく。

これといった分かりやすい爪痕を残したわけではなかった、といっても過言ではないかもしれません。

更に在籍年数もどちらかと言えば短めで、そういったところからも「モーニング娘。が嫌ならオーデなんて受けなければよかっただろ!」というのに、結びつくのかもしれません。

まあきっと「はーちんいなくなるなんて寂しいよお;;」とかいう思いから出た意見だとは思うので、別にそれを批判したりするつもりはないのですが、ふとそこで。

アイドルのゴールって、どこにあるんだろう。って思ったんです。

一生続けられないのが、アイドル。男性アイドルだと40代、50代はそこそこいますが、女性はほぼゼロ。もちろん、40代、50代でやっている方もいらっしゃいますが、どこかでアーティスト路線にかわったり、もしくは「昔懐かしい企画」にアイドル風衣装で呼ばれたりという程度ではないでしょうか。

そんな中で、彼女たちは何を目指し、どこに向かって身と心を削っているんだろう、と思ったんです。

例えば、分かりやすい目標があればいい。「センターをとる」「オリコンで1位になる」「武道館でライヴをやる」「紅白に出る」。

そしてそれを明言して、それに向かって努力して→叶って→(その後また新たな目標を立てて努力を繰り返し)卒業というのが、彼女たちの歩く道筋なのでしょうか。

それとも、アイドルとはモラトリアム期間でその間に別の夢や目標を見つけ、卒業していくというのが道筋になるのかな。

ここ最近のアイドルの卒業理由というのは、後者が多いと思うんです。「女優になりたい」「福祉のお仕事につきたい」「もっとダンスを磨きたいから留学する」エトセトラ。

もちろん、別に彼女たちが「とりあえずアイドルやって、やりたいこと考えよっと☆」という、とりあえず大学行くみたいな人間たちのように、生半可な気持ちでアイドル業をやっているわけではないと思います。

アイドルを必死にやって、頑張っていく中でやりたいこと、進みたい道を見つけたということは非常にすごいことだと思う。(もちろん、そんな風に大学生活に必死に打ち込んでいる方々を非難する気もありません)

でも、それっていったい何なんだろうって思うんです。

例えば人生が壮大な道だとしたら、アイドルという職業はどこに位置するのか。

単純なレールの一部として存在するのか、そこの部分だけ例えば宙に浮いているような少し異次元空間的な存在なのか、あるいはレールの横に置いてある、その後の人生をすべて塗り替えるような、巨大なペンキバケツのような存在なのか。

 

今のモーニング娘。はぐんぐんと知名度も上がってきました。一時に比べるとテレビ出演も増えてきたし、ハロプロ全体も底上げされてきたな、と思います。

ただ、彼女たちの今の向かうゴールというのがどこにあるのかは、イマイチ見えてこない。

目の前のライヴや新曲を完成させることがゴール?

売り上げをアップさせることがゴール?

テレビでレギュラーとることがゴール?

それが明確になっていない状態で、まだ道のり半ばの位置にいるように見えた状態の尾形春水ちゃんが卒業を発表した、ということでファンとしては「なんか中途半端だなあ」なんて思ってしまうのかもしれません。

道重さゆみちゃんが卒業した時には、やはり「成し遂げた!」という感じもして、まさにゴール、という状態でした。

後輩を育て、知名度を上げ、テレビ番組でも爪痕を残した。

そんな道重さゆみちゃんには「はっきりとした目標(ゴール)」があった。「あの時みたいなモーニング娘。の勢いを取り戻したい!」「後輩たちには、プラチナレベルまで成長してほしい!」そんな目標が。

それは(もしかしたら事務所が言ったことかもしれないけれど)彼女自身が考えた彼女なりの「アイドルのゴール」だったと思うんです。

今のハロプロをはじめとしたアイドル達で、自分でゴールを描ける子たちが何人いるんだろう。と思います。

「もっと、もっと!」そう思える子たちが、どれだけいるのか。

と同時に、たとえ「アイドルが腰かけ状態」でも構わない、と思う自分がいる。何故なら、「一生アイドル」でいられる世界ではないから。

50代になっても「彼氏は、ファンのみなさんでーす♡」というアイドルを応援するファン、いる?

70代になったアイドルとチェキ撮って、握手会に並ぶファン、いる?

あの松田聖子さんをはじめ、昔の「アイドル」と呼ばれてる人たちも、次のステージに進んでる。

「アイドル」以外の肩書(例えば妻だったり母であったりということも含めて)を手に入れている。

そう思うと「24時間アイドルのことだけ考えろ!!余計な事考えるんだったらオーデなんか受けてんじゃねーよ!!」なんて言う意見は…うん。まあ、批判しませんと言ったからには批判しませんが。

 

前に相川茉穂ちゃんのことをつづった記事でも少し触れましたが、アイドルは「未来」を描いちゃいけない職業、というのが私の持論なんです。

「今」「この瞬間」かわいい子たち。刹那的な存在が、アイドル。

そして、ファンの前以外、つまりは「アイドルという職業の営業時間外」では何をしていても(それこそ受験勉強していても)全く問題ない。

 

誰が転職する人を責めますか。

誰が脱サラして仕事を始める人を責めますか。

勤務時間外に夢のために勉強した人は、称賛に価するではありませんか。

 

アイドルだって、同じこと。

 

忙しい合間を縫って受験勉強をした尾形春水ちゃん。

そんなはーちんは、やっぱりとってもカッコイイし、それでいてアイドル業も手を抜かなかったし(ブログもきちんとあげてたし、パフォーマンスも別に問題なかった。男性問題もなかった)無言実行でやり遂げて、本当にすてきだったと思う。

 

アイドルと受験勉強を両立させて、進学する。という、尾形春水ちゃんのアイドルとしてのゴール。

 

道半ば、という意見もあるかもしれないけれど、尾形春水ちゃんにとっては素敵なゴールだったと私は思います。

 

私なんぞが上から目線で言うのは絶対におかしいですが、他のメンバーももう一度、自分にとってのゴールを探してみてほしいなって思います。

ã尾形æ¥æ°´ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

はーちん、今までお疲れさまでした!!!


Juice=Juice - Goal~明日はあっちだよ~

アイドルとしてはゴールだけど、人生はまだまだ。

まだまだたくさんのゴールを探してみてね!!

こぶしファクトリーの新曲MVを見て感じた、3つのこと

出ましたね、こぶしファクトリーの「明日テンキになあれ」のMV。浜ちゃんこと浜浦彩乃ちゃんがセンターです。


こぶしファクトリー『明日テンキになあれ』(Magnolia Factory[Let it be a fine day tomorrow])(Promotion Edit)

 

正直、あーなるほどなるほど、という構成。「コブシショウ」っていうテレビ番組なのに、ゲストが「こぶしファクトリー」ってどういうこと?とか思ったりもしましたが、そこはまあいいかw

衣装がもう少し違ってもいいかなあとかいろいろ思いながらぼーっと見てました。
歌詞は非常に前向きで、今までのジェケニンッ♪とかムァッタナシ!とかはどこいった?!というぐらい普通の感じです。


そんな今回の「明日テンキになあれ」を見て3つのことを感じたので、つらつら書いていきます。最初に言っておきます。
和田桜子ちゃんがかわいすぎて辛いです。らっこちゃんの魅力が分かっていないという方は絶対見てください。かわいいです。(一応言っておくと、向かって左側のボブっぽい子です)

http://cdn.helloproject.com/img/rotation/92bbf3e6c6585a64a1a58b26550ca46f08721fdb.jpg


こぶしファクトリーの新曲MVを見て感じた、3つのこと ひとつめ!

1つ目は、5人でこのままいくんだな、ということ。
広瀬彩海ちゃんの写真流出?とかれなこちゃんのtwitterでリークがあったりしましたが、とりあえず一通り落ち着いたぽいなと。安心しました。
これで誰かが脱退とかになったら事務所ちょっとおかしいですよ、と言ってしまいますよ。。頼みますよー><
そして、5人にとってもこれがスタートだと自覚しているような、そんな1曲でした。
「もう1回」「もう1回」。ケンキョにダイタンに通じるような、前向きな歌詞。

ある意味、この曲はファンの安堵を誘うような楽曲なんだなあと思いました。
これからはこの5人で行きますよ。5人でがんばりますよ。という。
曲にある「自分の気持ち」は、5人の中できちんと整合性取れているんじゃないかなと思いました。こぶし握りしめて、同じ方向に腕を突き上げている5人。
たぶん、大丈夫。行ける。がんばれ。

こぶしファクトリーの新曲MVを見て感じた、3つのこと ふたつめ!

2つ目は、MVの作り。
「最近は物騒なことが多いですが」という前振りから始まり、最後はこぶしファクトリーの応援お願いしますという浜浦彩乃ちゃんで終わる。


物騒な~というのは、脱退した3人のことでしょうか。
そして、2番のあたりの「トークコーナー」風のところ。あれは、メンバーの本当の本音なのかな?
なんとなく、見ていて本当につらくなった。たぶん「もっとこうしたい!」っていうことなんだろうけど、あやぱんはネガティブな気持ちが多かったのかな、とか、みなみなちゃんはあんまり愛されていないと思っているのかな、なんて思ってしまって…。
あそこは自分のアピールポイントとかじゃダメだったのかな?と思ったけど、今回の歌詞から考えるとそうなんだろうな。「頑張るぞ!」「あきらめないぞ!」っていう歌詞だからこそ、目標を書いたんだよね。
最後のらっこちゃんの「頭の回転~」はちょっと笑ったけどw

そして、最後を締めるのがあやぱんじゃなくて浜ちゃん。
これは、どういう意味なんだろう。最初は「浜ちゃんず」と言われていたこぶしファクトリー。やっぱり浜ちゃんがメインで、ていうことなのか。それともそもそもこの曲のセンターだから、ということであまり深い意味はないのか。

でもやっぱり切ないですね。「これからも!」っていうところに力を込めてしゃべっていた浜浦彩乃ちゃん。初見は、泣きました。

こぶしファクトリーの新曲MVを見て感じた、3つのこと みっつめ!

3つ目は、タイトル。
「明日テンキになあれ」っていうタイトル。
今までのこぶしファクトリーだったら「明日テンキにしてやる!」っていうノリだったと思うんです。
万一雨でも空までこぶしを突き上げて雲を蹴散らしてやるぜ!的な。(あくまで個人の感覚です)
なので、やっぱり少し事務所も、こぶしメンバーも不安を感じているんじゃないのかなと。
8人から5人になって、ファンの中には「ちょうどよくなった」とかいう声もありますが(まあその意見の良しあしは置いておいて)辞め方が辞め方だったのもあり、不安があるのは間違いない。
でもだからこそ「テンキにしてやる!」で元気に行きたかったのに、そうしなかった。
「テンキになれ!」でもなく「テンキになあれ」。
そこになんというか、明るい哀しさみたいなものを感じるんですよね。

しかも、「今日」じゃなくて「明日」。今はあきらめた、というようなタイトル。


「テンキ」というのは、もしかしてファンからの応援という意味なのかな?とヲタク特有の曲解をしてみたりして。

 

……

なーんて。
気持ち悪いヲタクはそんなことを感じながらMVを鬼リピしているわけなのでした。

単純に「明日テンキになあれ」っていうのはよくあるフレーズだし、そんなことを考えていてもね。時間は無限じゃないし。ていうことなんですけどね。


以上、こぶしファクトリーの新曲MVを見て感じた、3つのこと でした!

あっという間に5人になってしまったこぶしちゃん。
前を向いてカメラに向かって歌っているけれど、あれはきっと自分たちへのエールなんだよなあ。本当は鏡を見ながら、つぶやくように歌っていてほしい曲。

歌唱力・ビジュアル・ダンス・キャラとものすごくバランスもよくかわいいこぶしファクトリー
ぜひとも多くの人に見つかって、人気を取り戻して…というか、昔以上の人気を獲得してほしいなあと思います!

つばきキテルけど、こぶしもキテルよ!!

メンバーについて1000文字分ずつ語ってみた(つばきファクトリー編)

つばきキテルと話題のつばきファクトリー。でも、いかんせん人数も多めなので「誰が誰だっけ?」とか「結局個性は?」とかになりがちなのではないでしょうか。何故そう思うかというと、半年ぐらい前の私がそうだったからですw

f:id:tocococo:20180301144811p:plain

かわいいの!かわいいんだけど、みんな似てるの!(;_;)

個性的な顔立ちの岸本ゆめのちゃんや浅倉樹々ちゃんがなんとなくわかって、髪型が印象的な秋本眞緒ちゃんや谷本安美ちゃんがなんとなくわかって、というレベルでございました。

「小野?小野田?」とか「りこ?りさ?」とか似ている名前も多いんで、おばさんには辛いんですよね…。

そんなわけで、つばきファクトリーのメンバーを私流に解釈して一人1000文字分ずつ語ってみようかと思います!だいたい1000文字分なので、数えたらちげーよバカ!とかあっても唇凍るマナーモードにしておいてください。

ただ、つばき初心者ですので「おま、それ違うよ!」ってのあったら、突っ込んでいただけると幸いです。

というわけで、

メンバーについて1000文字分ずつ語ってみた(つばきファクトリー編)スタートです!

http://cdn.helloproject.com/img/rotation/9e97e0a22ac25784f27e21ba82d734bdfd734957.jpg

つばきは衣装もかわいいし、MVもかわいいし曲もかわいいからジェラジェラジェラっちゃうんですよね。こぶしにそのかわいさを少しでいいから分けてくれ…。

 

年功序列でいきまーす!

 

メンバーについて1000文字分ずつ語ってみた(つばきファクトリー編)小片リサちゃん

http://cdn.helloproject.com/img/rotation/853a1f8968fceeebcfdffa3a57602ad1a60685f8.jpg

サブリーダーでもある、小片リサちゃん。「りさまる」とか「まるねえ」とか呼ばれている子です。

つばきの最年長ですが、リーダーは山岸理子ちゃんに譲ってます。(とはいえ、2人の年齢差は数日)

正直、コレ!!!という顔の特徴がない子。美人なんだけど、ここが見分けるポイント!!というのがないような気がします。目がちょっと茶色っぽくて、色白で、整ってるんだけど。どうかな。覚えられるかな。

身長は159㎝。普通です。(?)

メイクや髪形、写真によりちょっと印象が変わりやすいので頑張って見ていなくちゃ「あれ、誰だっけこの子」となりがち。(私だけ?)

ただ、間違いなく顔は整っている。お嬢様ちっくな感じで、つばきファクトリーの上品さとかをうまく盛り上げている感じ。

とりあえず、元ナイスガールトレイニー(こぶしの広瀬彩海ちゃんや井上玲音ちゃんも所属していた場所)でもあるのでスキルは十分。

ので、歌割も結構いいところをもらっていたり目立つポジションにいます。MCでも割としっかりと話せます。

初恋サンライズで、1番の「こんな気持ち、初めて」と言ってる子がりさまるちゃんです。


つばきファクトリー『初恋サンライズ』(Camellia Factory [First Love Sunrise]) (Promotion Edit)

メンバーカラーは、ライトオレンジ。ハロプロでライトオレンジというと、モーニング娘。羽賀朱音ちゃんを思い起こす人もいるかもしれません。実はそんな羽賀朱音ちゃんと仲が良い子でもあります。

潔癖症だったり、エヴァヲタだったりもする模様。特技はけん玉です。

ブログや服、性格は無難な感じ。つまらないと感じる人もいるかもしれませんが…逆に「おいおい…」ということが無いので、安定感があります。

なので、きれいで毒のない子を応援したい人にはぜひともおすすめ。いわゆる、ザ・アイドルを見たい人にはたぶんかなり推せると思います。

元々は地下ドル的な活動をしていたので、きちんとファンのことも考えられているし真面目で向上心もある。

「まだまだ勉強していきたいです!」なんてことをしっかりブログに書けるので、良くも悪くもハロプロらしさにあふれている子です。

絶対とは言い切れませんが、たぶん、スキャンダルとかも起こさなさそう。(たぶん)

ラジオでもパキパキ話すしそこそこ鋭いツッコミもするけど、でもサブリーダーということもあり炎上はしない程度。

というわけで、ビジュアル的にも、中身的にも、スキル的にも安定感のある子です。つばきを支えていると言っても過言ではないかも。

表情作りもうまいので、ふっと目を引きます。

ガツガツ行く子とか、強気すぎる子とか、ちょっとヲタっぽくて痛い子が苦手な人は、いいんじゃないかなあ。

メンバーについて1000文字分ずつ語ってみた(つばきファクトリー編)山岸理子ちゃん

http://cdn.helloproject.com/img/rotation/3991832244eaaff0a5b92daaa6cf6c60ae62e0f5.jpg

つばきのリーダー、「りこりこ」こと山岸理子ちゃん。声も小さく、ほんわかしているタイプです。バリバリ仕切っているリーダーと比べると、やや頼りなく見えるかも。でも、娘。の譜久村リーダーのように包容力のある方向に行くかもしれません。

ちなみに憧れの先輩も、譜久村聖ちゃんだそうです。

特徴は、何とも言えないお顔。顔文字とか作りやすそうですよね。(ごめんなさい)

坂田利夫さんに似てるとか言われてましたが…うん、ちょっと似てるかも。

スタイルはよく、写真集なんかも出しています。マシュマロとまではいいませんが、女性から見てもきれいな身体していると思います。

どちらかと言えば、女性ファンより男性ファンのほうが多い印象。

整い過ぎていない顔立ちが、たぶんいろいろとちょうどいいんだと思います。(たぶん)

性格もほんわかしているので、女性はやっぱり優しくなければ、という男ヲタも安心。女ヲタでも、あまりバシバシ来るのはトラウマ発掘されて…という私みたいなコミュ障でも安心です。(誰とは言いませんが、某グループの某メンバーの発言は、聞くたび心がえぐられるんです)(りこりこはそういうのがないから、癒される)

ただし、ダンスはバッキバキのキレキレ。このギャップもまた、良き。ハナモヨウの間奏ダンスも良かったです。(下の動画参照)確かダンス部(ハロプロのなかでダンスが上手い子たちが集められている集団)にも選ばれてます。

歌唱力も特に問題なし。つばきでも中堅、という感じでしょうか。リーダーにこんなこと言うのは間違ってるでしょうが、縁の下の力持ち的な存在だと思います。

エースの浅倉樹々ちゃん、歌唱力の岸本ゆめのちゃん、ダンスの秋山眞緒ちゃんあたりが良く注目されていますが、りこりこにも注目してみるといいと思う。安定感抜群。


『ハナモヨウ』のりこりこがキレキレ

性格はいわゆる「天然さん」じゃないかなと。モーニング娘。加賀楓ちゃんと仲が良い模様。ブログなんかを見ていると1個年下のかえでぃーがてきぱきとりこりこの面倒を見ている、という雰囲気のようです。そこが萌えですね。

つばきの中でも、てきぱきの岸本ゆめのちゃんや、しっかり者の小片リサちゃんがりこりこをフォローしている感じですよね。そこがグループの売りなのかな?

元モーニング娘。高橋愛ちゃん的な雰囲気も感じるリーダーなので、これからグループがどうなっていくのかは注目したいです。

個人的には、メイクかコーデを頑張ってもう少し華やかになってほしい子。清楚が売りのつばきファクトリーなので無理かもしれないけれど、少し髪色明るくしたりできないかなあ。

メガネが似合うので、メガネキャラでいってほしいという願望もあります。 私も左右で顔のバランスが違うのでわかるのですが、メガネをかけるとある程度ごまかせる。

https://stat.ameba.jp/user_images/20170918/15/tsubaki-factory/94/8b/j/o0480036014029936444.jpg?caw=800

まとめますと、ほんわかとした等身大の女の子好きの方にはおすすめ。綺麗すぎる子が苦手な人や、バシバシ系女子が苦手な人にはいいかも。

また、ダンススキルはかなり上なので、そのギャップを楽しんだり素直にダンスを楽しみたい人にもおすすめです。

メンバーについて1000文字分ずつ語ってみた(つばきファクトリー編)新沼希空ちゃん

http://cdn.helloproject.com/img/rotation/7cc77e9254adb141a32e5238b87298a8d184b4f7.jpg

釣り目が印象的な希空ちゃん。「きそら」と読みます。ちなみに辻希美ちゃんの長女は「希空」と書いて「のあ」と読みます。(関係ない)

綺麗な名前ですよね。名前も個性的なので、きしもんの次に覚えやすそうなメンバーです。

そして何故かwikiが超充実している人。誰が書いたの?あれ。凄すぎる。一見の価値あり。2017年の途中で終わっちゃってるのが残念。

新沼希空 - Wikipedia

憧れの先輩は、モーニング娘。石田亜佑美ちゃん。研修生時代にはあゆみんに会えたうれしさで泣いたりもしていました。かわいい。

やたらと目つきが悪い写真がそこここに出回っているのがやや残念。でも、女子力はかなり高めです。

希空ちゃんのイヤリングコレクションは、女性なら心動かされること間違いなし。(ごめんちょっと言い過ぎたかも)

「新沼希空 イヤリング」の画像検索結果

ブログでもおしゃれなアクセとか服とかが見れるので、お洒落好きのJKとかは見に行くといいと思うよ!!一時はオン眉とかしていて、本当におしゃれだったし目立ってた。

ブログも、つばきの中では個性的な方かな? 文字をメンバーカラーにしてみたり、謎のばいきそらーんという手書き文字を入れてみたり。頑張ってるなあという印象。最後のハッシュタグまでかわいいので、スクロールは下まですることを推奨します。

はっきりとした顔をよく見せるようなメイクとかは、参考になりそう。自分の良さや特徴をわかっている子という印象。セルフプロデュースが上手そう。ぜひ他のハロメンも参考にしてほしい!

自分のことを「きそ」って言うのもいいですね。大人っぽさと子どもっぽさのバランスも最高。

そして、声もかわいい。アンジュルム竹内朱莉ちゃんみたいな声に近いかな?と思います。更に伸びていきそうな感じもする。


きそちゃんの歌声を集めてみた①

アイドル好き、というよりはかわいい子好きの人にはぜひ注目してもらいたいメンバー。同年代の子とかにウケそうな感じ。ヲタ向けではないかもしれないけど。

でも逆に、「おされなアイドルヲタ」を目指すなら、ぜひとも推すべき子。ドルヲタはどちらかと言えばキモイとか言われがちですが、希空ちゃん推しなら「おされ」なドルヲタという雰囲気になる。とりあえず10日間ぐらい推してみればいい。新沼沼から抜け出せなくなるはずです。(あくまで個人の主観です)

イメージ的には、元アンジュルムの相川茉穂ちゃんや娘。の飯窪春菜ちゃんのファッションが好きな人はハマると思います。

メンバーについて1000文字分ずつ語ってみた(つばきファクトリー編)谷本安美ちゃん

http://cdn.helloproject.com/img/rotation/4967715bf826bb37cbb54c1dc6921d86262cf3f7.jpg

あんみぃーこと谷本安美ちゃん。「やすみ」ではなく「あみ」です。

今のところ髪型被りもないので、見分けやすい子。ワンレンボブの子です。顔立ちは、たぶんつばきでも1、2を争うほど整っている。すっとした鼻筋は万人受けする可愛さ。身長低め(157.5cm)なのが惜しいけど、ちょっとした雑誌とかにも出られそうな感じではないかと。

℃-ute矢島舞美ちゃんとかも確か「きれいすぎる!」とか言った子じゃなかったかな。

ちょっと歯が出ているので口をあけて笑ったりするとやや美人度が落ちる。でも、そこが良いと思っています。(主観)完璧美人は近寄り形過ぎる。(主観)

北海道出身で、ブログとかでは「したっけ」とか北海道弁をよく使う。北海道出身のハロメンって多いんですよね。かつては安倍なつみちゃんから、今だと佐藤優樹ちゃんとか。

そして、牧野真莉愛ちゃん同様日ハムファン。この辺もうちょっと推せるといいんだけど、今のところは真莉愛一強だからなあ…。年季が違うし。ちょっとかわいそうではある。

そして、あんみぃーちゃんといえば外せないのが「オケツマン」。なんじゃそれって感じですが、どうやらいろいろなハロメンのおしりを触るのが好きな子らしい。要はどういう子かというと、ちょっと変な子。どうして美人ハロメンはみんなちょっと変な子なのか。普通の子で美人な子はいないのか。と思ったけどそもそも普通の子があんまりいなかったでござる。

あの℃-uteメンのおしりも触ったというので、たぶんガチ。

個人的には美人だしなかなか面白い子なので、もう一皮むけてほしい子。今のところ髪型被りもなく(他のグループを見ても、似たような髪型は加賀楓ちゃんぐらいかな?莉佳子ちゃんはもうちょい短いし)きているので、もう1つ2つ個性を出して「あんみぃすごーーーーい」となってほしい。おしりだけではちょい弱いかなあ。。と。

先輩推しキャラでもいいし…と思ったら、1つありましたね。個性。

絵。

あんみぃー画伯の絵は、いろいろとやばいです。

「谷本安美 絵」の画像検索結果

いろいろと衝撃。

でも、特徴をつかむのはうまいと思うのでこれを頑張ってグッズ化するとかどうでしょう。

とりあえず、ブログで毎日いろんな絵を披露するとかどうでしょう。先輩いじりも臆さずにガンガンやればいい。

きもすぎる小田さくらちゃんの絵とか飯窪春菜ちゃんの絵とか和田彩花ちゃんの絵とか描いて、「許してニャン★」とか言ってみてはどうでしょう。

あとは歌やダンスはやや弱めなので、そこを頑張るとかかな? 個人的には、北海道にゆかりがあるのでとっても頑張ってほしい子。なまら応援してます。

とりあえずきれいな子、やや干されな子を推しがちな人にはいいかも。娘。でいうと生田衣梨奈ちゃんや飯窪春菜ちゃん推しには良さそうです。

メンバーについて1000文字分ずつ語ってみた(つばきファクトリー編)岸本ゆめのちゃん

http://cdn.helloproject.com/img/rotation/3f37ec14353fba54edd50618c4463b5814f45120.jpg

たぶん、つばきのなかでも一番覚えやすい子。色黒・長身・ショートカット。いっさいかぶり無し。ニックネームは「きしもん」。大阪出身の子です。

そしてつばきで一番と言えるほど歌が上手い子なので、見せ場もばっちりある。

元々はロングヘアでしたが、ばっさり。この辺は賛否両論あると思いますが私は賛成派。よりかっこよくて女子ホイホイになっていると思います。個性も出せているし。ゆめちゃんはもともとキリッとしている顔なので、似合ってるし。

行動力もあり、Dマガとかでは本当に元気で頑張っているという印象。大人しい子の多いつばきの中でも、ある意味異色の存在だと思います。

ゆめちゃんの魅力は、私ごときがウダウダいうこともないぐらいなのですがとにかく歌が上手い。とりあえず見ればわかる。たぶんつばきで唯一フェイクパートをもらっている子(違ったら教えてください)

(最初の方は髪長いですが、ゆめちゃんです)


岸本ゆめのソロパート('15- '17)

そして、私服がやばい(語彙力)なんかもう、大阪っていう街を誤解しそうになります。(大阪のせいではないです)

関連画像

zipperとかでも出てこないんじゃないかと思うぐらいのハイクオリティ。(褒めてます)

ばくわら勝田里奈ちゃんや飯窪春菜ちゃんもびっくりですよ。wearやってほしい。どこでその服が手に入るのかが知りたい。古着屋さん紹介してほしい。

そしてまた、顔がはっきりしているから派手な服でも負けないんだな。うまくなじんでいるような気がするんだな。

謎加工も魅力の岸本ゆめのちゃんのブログ画像。キャラ強すぎる。

 

f:id:tocococo:20180301145028p:plain

なんで食べ物と宇宙を合成するの? いったいどんな隠しメッセージがあるの?と言いたくなる画像。

そんな岸本ゆめのちゃんといえば、更に強い個性として「貧乏キャラ」があります。お風呂のドアが壊れたままとか、2リットルの水を持ち歩いているとか。

男子も女子も一度ハマったら抜け出せないきしもんワールド。しかも媚びないし人の悪口は(私が知ってる限り)言わないし、そりゃ牧野真莉愛ちゃんも「きしもん大好き♡」となりますな、という感じ。

つばきの2期が入った時も、「悔しい」と言いつつ最後には「ありがとう」とまっすぐ伝えられるゆめちゃん。女子特有の粘着きが少ない子だと思います。

とりあえずつばきの推しをまだ決めていないという方はきしもんのブログを10ページぐらい見て下の動画を10回ぐらい再生するといいと思う。入りやすく出づらい沼。それが、きしもんワールド。


岸本ゆめの - ガタメキラ

juice=Juiceの高木紗友希ちゃん推しの人とかの推し増しにいいかも。あとは、きしもんの憧れの先輩でもある清水佐紀ちゃんのファンとか。

加賀楓ちゃんとか工藤遥ちゃんのイケメンキャラが好きな人は多分間違いなくハマる。と思う。たぶん。

メンバーについて1000文字分ずつ語ってみた(つばきファクトリー編)浅倉樹々ちゃん

http://cdn.helloproject.com/img/rotation/51e4b79888bb84b8833d411b01cb2e0a8ea4a19a.jpg

たぶんつばきのエース的存在である浅倉樹々ちゃん。センターに来ることも多々あるので、つばきはよく知らんが浅倉は知ってる、というハロヲタも多いはずです。

特徴は(上の画像はやや分かりづらいですが)目や口が大きい。特に口は結構大きめだと思う。

https://stat.ameba.jp/user_images/20170107/22/tsubaki-factory/4d/02/j/o0480066713840287109.jpg?caw=800

この画像ならわかるかな? にかっと笑ってると、本当にわかりやすいと思います。華のある顔をしているので、確かにセンターには納得。つばきの個性をぐっと引き締める存在は、唯一無二だと思います。他の子を出すとかわいそうですが、やっぱり顔の薄い子が中央に来ちゃうと、食われちゃうんですよね。横のオーラに。娘。の話で恐縮ですが、鞘師ぐらいのスキル・存在感がないとやっぱりきつい。

現在はやや腰の調子が悪いとかで活動をセーブしている…のかな? 治ったり悪化したりの繰り返しなので、ちょっとかわいそう。腰は繰り返すからなあ…。事務所はもう少し負担軽減させてあげればどうか。握手会、本当に必要?

 浅倉樹々、という名前は本名。ジブリファンの親御さんに付けられたのだとか。一時「魔女キャラ」みたいのもやってましたね。今はもうやってないのかな?

浅倉樹々ちゃんの良さは、どんな服でも似合ってしまうところ。顔がはっきりとしているので、着る服を選びそうですが案外制服風から和服までなんでも似合います。

なんだったらおばあちゃんコスも似合います。


「℃-ute 鈴木愛理バースデーイベント2015」オリジナルグッズCM

たぐっち…( ;∀;)

そんな浅倉樹々ちゃんは、元モー娘。高橋愛ちゃんに似ているともいわれてますね。どうかな?確かに目元とか似てるかも。

https://stat.ameba.jp/user_images/20171027/16/tsubaki-factory/da/05/j/o0480064114057331606.jpg?caw=800

つばきの(1期の中では)最年少の浅倉樹々ちゃん。そういうのも含みで、鞘師里保ちゃん推しだった人とか、どうですか?なんか一時ぼっちとか言われてたのも共通…的な…。(うーん、苦しい)今はどうなんでしょうね?? ブログを見る限り、いろんなメンバーのことは話してますが…。

お顔の系統は、娘。の牧野真莉愛ちゃんとかJuice=Juiceの金澤朋子ちゃんとかと似ている気もします。はっきりとした顔立ちです。目力がいい。

たぶんですが真面目でしっかりと芯を持っているタイプの子なので、性格で考えると、娘。だと小田さくらちゃんとか石田亜佑美ちゃんとかが好きな人にはいいかも。見た目も華やかだしエースなので、たぶん推してて楽しい。ただ、体調がちょっと不安。心配性な人は、頑丈そうな生田衣梨奈ちゃんとかを推しているといいと思う。(突然のえりぽん

メンバーについて1000文字分ずつ語ってみた(つばきファクトリー編)小野瑞歩ちゃん

http://cdn.helloproject.com/img/rotation/8164dec7eee4f79168f0c9a105cbff892fa5eec5.jpg

さあ、ここから2期です!

まずは、「おみず」こと小野瑞歩ちゃん。佐藤優樹ちゃん推しの子です。メンバーカラーも、まーちゃんと同じエメラルドグリーン(エメグリ)。

163cmで、きしもんと同じくらいおっきい。特徴は…特徴は…難しいなあ…。背で見ればいいけど、ダンスの最中とかだとかがんだりして分かりづらいし…。おろしたての8㎝ヒール履いたりもするしな…。

いわゆる「ハロプロ顔」だと思います。素朴で無難に可愛い感じ。体形も、やや背が高い以外は普通。太り過ぎず、やせ過ぎず。いろんな意味でとてもバランスの良い子です。

トーク力は お墨付き。juice=Juiceの宮崎由加ちゃんとラジオとかやってます。アプカミの司会も良かったです。

ちょっと古いですが(2016)誕生日イベントのCM。声も程よくて聞きやすい。


つばきファクトリー 小野瑞歩 バースデーDVD 2016 CM

そして、なかなかに頭のいい子だと思う。まーちゃん推しで天然さんということもあり、おばかちゃんかな?と思ったのですが(ごめんなさい)この間のブログは、かなり良かったです。

私がぼーーっとしてなにも考えてない時にも、


その時間に勉強したりいろんな練習したり

成長のために時間を使ってるひとがたくさんいるし、

音楽聴いたりテレビ見てる人も

それだけでも自分の趣味を深めることに繋がってるかもしれなくて、

そう考えるとぼーーっとしてしてる時間って

すっごくもったいなく感じない?

ちょっとなら全然いいかもしれないけどね笑


私は昨日からずっとぼーーっとしないでこのこと考えてたんだけど、それもなかなかもったいない時間だったなって思うんだ〜笑

考えてる暇があったら何かしなきゃ!

って思うのー。


あとこれも思うんだけどさ〜、

やっぱり

二兎を追う者は一兎をも得ず

なのかな?

二兎を追う者努力すれば両方を得る

がいいな〜。

自分次第かな???


つまりは結局自分次第だろう!

頑張ります。

(出典:じーーーー。 小野瑞歩|つばきファクトリー オフィシャルブログ Powered by Ameba

普段からブログでは、「コメント全部読みました!」とか言って好感度の高い小野瑞歩ちゃん。実はものすごい賢くて文章力のある子なんじゃないかな?と思ってます。
「二兎を追う者努力すれば両方を得る」。これ、すごくいい。とりあえず手帳に書き込んでおこうと思う。
 
ブログも、丁寧で状況描写が分かりやすく、好印象。ちょいちょいハロプロの歌詞が入っているので、つばきファン以外でも楽しめます。
確か舞台でも主役になったんじゃなかったのかな? 私は見ていないので(ごめんなさい)あれなんですけど、評価高かったと聞いたことがあります。
りさまるちゃんのときにも言ったんだけど、ザ・アイドルな子を推したい人にはおすすめです。(うう…言ってることがかぶっていて悔しい…)
 
ぜひとも、髪型でもメイクでも何でもいいんだけど何かを変えてもっと目立ってほしい子。つばきは別に髪染め禁止ではないので(確か希空ちゃんが染めてたはず)明るい色にするとか、前髪を伸ばすとか?
ポテンシャルが高いだけに、今のこの立ち位置はちょっともったいないってなるんですよね。。ぜひぜひ。ほんとうにぜひぜひ。
個性を出せば、たぶん一気にバズる。
 
たぶんこの後も推されていくであろうおみずちゃん。往年のハロプロファン、やや48系や坂道系に飽きてきた人にもおすすめでございます!
今のうちに推しておけば「俺結構昔からおみず推しなんだぜ」とかイキれると思います(なんのこっちゃ)


ハロプロ・オールキャスト 「初恋サンライズ」

「本当は、私のすべてを見せたいの」

えぇぜひとも見せてください!!!

メンバーについて1000文字分ずつ語ってみた(つばきファクトリー編)小野田紗栞ちゃん

http://cdn.helloproject.com/img/rotation/b9c0a7944ee1898d5fa386b8ee0124ecc7b24fee.jpg

さああと2人です!

小野田紗栞ちゃん。通称「さおりん」。こっちは、152cmでつばき最小です。うるうるの目がかわいい。イカみたいく色白だからという理由で「イカちゃん」と呼ばれています。

いわゆるぶりっ子ナルシスト系アイドルで、道重さゆみちゃん・嗣永桃子ちゃんを継ぐピンク系ハロメン

個人的にはJuice=Juiceの宮本佳林ちゃんに似ている気がします。少し儚げなかわいさとでもいうのでしょうか。

ブログの自撮りもいわゆるかわいい系の撮り方です。上目遣いをしてみたり、かわいいポーズをしてみたり。岸本ゆめのちゃんとは真逆です。(いちいち言わなくても良いが一応言っておく)

一見女子受け悪そうなナルシストキャラですが、ここまで突き抜けて頑張っていると、応援したくなるのが乙女心です。

そして、小野田紗栞ちゃんの最大(?)の特徴と言えば、握力。

私は在宅派なのでわからないんですが、ものすごく痛いらしい。小さくてかわいいのに、すごいらしい。

で、対応もいいそうなのでそのバランスでハマるヲタが多いんだそう。いわゆる「握手会の女王」とかいう存在なんでしょうか。とりあえず握力を試してみたいな→対応もいいし推すぜ!というノリ?なのかな?

接触イベントには興味がない私でも、ついつい行きたくなります。やばいよね。行きたくなりません?(突然の質問)


DVD『つばきファクトリー 小野田紗栞バースデーイベント2017』

歌声は割としっかり。道重さゆみちゃんとはちょっと違います。そのギャップがまたハマりそうですね。元々ローカルアイドルだったそうなので、実力は十分。ファンの扱いが上手く、「アイドル」という肩書を苦にせず背負っている印象があります。

ちなみにおのみずちゃんと名前は似てるけど、中身は全然違います。仲が良いのは、浅倉樹々ちゃん。「さおきき」とか聞いたことありませんか?(突然)カプヲタ的にも、かなりいい案件なのだそう。ちょっとまだこの辺詳しくないので、勉強してこようと思います。

ちなみにうるわしのカメリアはさおりん好きなら見ておきたい1曲。かわいいです。(語彙力)

どうでもいいけどうるわしは全編通して袴じゃダメだったのか。女学校みたいな場所でハイカラさんみたいな雰囲気にしておけばよかったじゃないか。


つばきファクトリー『うるわしのカメリア』(Camellia Factory [The Magnificent Camellia]) (Promotion Edit)

今のところは「怪力」「ナルシスト」「色白」の3本仕立てのさおりん。この先事務所や本人がどこを推していくのか注目していきたいです。

ここから道重さゆみちゃんのように毒舌ナルシストキャラに行くのか。ももちのように突き抜けキャラで行くのか。「さおきき」で上り詰めるのか、はたまた、意外と普通のアイドルで落ち着いてしまうのか。

是非とも今後の歩み方に注目したい子でもあります。

メンバーについて1000文字分ずつ語ってみた(つばきファクトリー編)秋山眞緒ちゃん

http://cdn.helloproject.com/img/rotation/45b0b9af78085c9d9d70da915ec578b261990689.jpg

 最後です!まおぴんこと秋山眞緒ちゃん。つばきの現最年少です。秋山眞緒ちゃんは、現在のところ髪型被りがない子なので覚えやすいのではないかと。すっと整った鼻筋は、今後ますます美人さんになりそうです。

そろそろ前髪を作りたいお年頃かもしれませんが、できればそのまま個性を貫いてほしい。休日は前髪ウィッグで楽しんでおくれ…。

また、帽子も似合う子。夜空の観覧車での帽子もかわいかった…!「教えて、ねえ」なんて言われたら何百冊でも辞書もって教えに行きますよ!!!という気持ちになります。(きもちわるくてごめんなさい)


つばきファクトリー『I Need You ~夜空の観覧車~』(I Need You ~The Ferris Wheel in the Night Sky~)(Promotion Edit)

ダンスの実力はもちろん、歌唱力も十分。ひなフェス?かハロコンでやった鈴木愛理ちゃんと秋山眞緒ちゃんのガラスのパンプスはかなり良かった。愛理ちゃんが上手くリードしていたおかげもありますが、それについていったまおぴんも良かったです。

次の次の次ぐらいのハロプロエースと呼ばれるのも、納得です。(次の次の次とは…?というところは置いておいて)

 

特にダンスは、ハロプロダンス部に所属しているだけあってしなやかでかっこいい。Just try!はまおぴんありきの作品ではないでしょうか。


つばきファクトリー『Just Try!』(Camellia Factory[Just Try!])(Promotion Edit)

そんなまおぴんのブログは、ある意味年齢相応。顔文字や絵文字の使い方も絶妙です。明るく!元気に!リア充楽しんでます!!という雰囲気ですw

学校の情報とかも出てくるのでおばさん世代の私としては「あー懐かしい」っていう気持ちになれます。

まおぴんクイズ、みたいなこともやっていてファンを楽しませようとしていることが伝わる子でもあります。

そして、お洋服も結構おしゃれ。末っ子ちゃんだそうで、おねえちゃんの影響なんかをうけてるんでしょうか。

同世代の女の子たちのファッションリーダー的なこともしてほしいなあ…。インスタ解禁してくれないかしら。無理でも、マネージャーさんアカウントでメンバーの私服ガンガン流してくれないかしら。

とりあえず、まおぴんと同世代のハロヲタは間違いなく推していい。アイドルを推すのはじめて、っていう人でも安心の子。(たぶん)そして、ずっと妹が欲しかったんだあという年上女性も推していい。娘が欲しかったんだというおっさんも推せばいい。

スキル十分・ビジュアル十分。あと数年後には「やっぱまおぴん最強!」と呼ばれるであろう子です。

メンバーについて1000文字分ずつ語ってみた(つばきファクトリー編)おしまい!

 一応1000文字言ってたと思うんですが、万一数え間違いあったらごめんなさい!

そして、「いや、この子こんな子じゃねーし!」とかあったら教えてください…すいません…。

とりあえず、楽しかったです!ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

孤独でネガティブな三十路女がいつも元気をもらっているアイドルTOP10

以前はSEだったり受付事務だったりという肩書があった私ですが、現在は在宅ワーカーです。かっこよく言うと、フリーランスかな?

まあ、どんな仕事かというと孤独な仕事です。部屋の中はひとりだけ。通勤もないので、家族としか話しません。買い物とかに行くとレジのおばさんに話しかけらたり近所の人と天気の話をしたりしますが、基本的にひとりです。

打ち合わせもほぼネット上なので、キーボードの音がカチカチ鳴るだけでほっぺの筋肉は動かしません。

でもまあ、逆に言えば人間関係のゴタゴタに一切かかわらなくていいのでとっても気楽です。本当に。今までいろいろあった人生だったので。

でも、やっぱり人の声が恋しくなるんです。ので、アイドル動画を見るわけです。(やや強引に持ってきた感もありますが)

基本的にネガティブ思考なので、そんな三十路女を慰めてくれるのはテンションの低いyoutuberでもテンションの高すぎるyoutuberでもダメなんですよね。テレビは色々と小うるさいし、同年代の女子ではつい自分と比べちゃってダメ。チャラい男子はあまり好きではない。

そんなわけでアイドル動画を仕事中は常にながしっぱにしているわけです。

というわけで在宅ワーカーの三十路女(アラサー女子とは言いませんよw)が元気をもらいたいときに見るアイドルをご紹介します。アイドル、とか言いましたが100%ハロメンになっちゃいましたw

音楽を聴いたり、ラジオをあさったり、ブログを見たり。疲れてる時に見てると元気がもらえます。いつもありがとうです。

勝手にランキング化してみましたので、ご覧ください~。

在宅ワークをしている三十路女が元気をもらっているハロメンTOP10

第10位 アンジュルム 室田瑞希ちゃん


アンジュルム 室田瑞希 ( The Gilrs Live 20171023 )

もともとむろたんは好きだったんですけど、このTheGirlsLiveのインタビューを見てより好きになりました。ラジオとかではっちゃけてるイメージが強かったけど、ちゃんと芯のある子だったんだなあって。今更ですが。

「みんなの期待に応えなきゃ!」っていうむろたんにはちょっと心配もあるんだけど。自分を演じているのかな?とか思っちゃうんだけど。

アンジュルムのMV動画はよく見るんですが、やっぱり全力で踊り狂うむろたんを見ると、元気がもらえます。

第9位 こぶしファクトリー 和田桜子ちゃん


タチアガール【和田桜子】2016

こぶしのらっこちゃんは、ブログを見ると元気がもらえます。最初はらっこパパの存在が微妙かなーと思ってましたが、それをせっせとやる桜子ちゃんは素敵だなあと。

らっこ隊とかね。今まで参加したことないけど、やってみたいなあ。

そんならっこちゃんのブログはこちら~。

第8位 モーニング娘。'18 牧野真莉愛ちゃん


チャーミー石川 VS マリリン牧野

ここまで突き抜けているとひたすらかわいいまりあんらぶりんちゃん。この子も、ブログがめっちゃいい。ザ・アイドルという感じ。

ブログの一番最後の「明日も楽しいこと~」を見るとほっこり。いつ見てもはずれがない。いろんな人にお誕生日ブログ書いてるのも良い。

私は日ハム派ではなく猫派なのでそこだけごめんという感じw

そんな牧野真莉愛ちゃんのブログはこちら。

第7位 つばきファクトリー 新沼希空ちゃん


きそちゃんの歌声を集めてみた①

実はあんまり最初は興味を示さなかった子。でも、きそちゃんのイヤリングコレクションがかわいくてだね…!

女子力()の下がってる三十路おばさんのおしゃれ心をくすぐるのだ…!

あー全部ほしい!w そしてきそちゃんのイヤリングを追いかけているうちにあの独特の顔にハマっていくというね…。猫顔かわいいじゃないか…。

f:id:tocococo:20180219211640p:plain

第6位 Juice=Juice 高木紗友希ちゃん


辛夷の花/高木紗友希 (kobushi-no-hana / sayuki takagi)


きーちゃん「GOOD BYE 夏男」

さゆべえちゃんの歌声、本当に本当に大好き。ハロプロの中で~とかじゃなくて、たぶん、私が今まで聞いてきた女性歌手の中で一番好き。

三十路おばさんなもんで、J-POP全盛期にいわゆる「歌姫」と呼ばれる歌手の歌をたくさん聞いてきましたが、さゆきちゃんの声が一番好き。J=Jの曲のサビで歌い上げている姿は、絶対手が止まる。あばら骨がびりびり言う感じ。大好き。

ブログもいつもいろんなメンバーのこと(J=Jに限らず)褒めてて、優しくていい子なんだなあって思う。

第5位 つばきファクトリー 岸本ゆめのちゃん


岸本ゆめのソロパート('15- '17)

サンッラッァァァァ~イズが好きで鬼リピしたり、「ホラホラ不思議でしょ~」が聞きたくて鬼リピしたり。とにかくゆめちゃんの歌声が好き。新曲のフェイクも良かった,けど、できればもっと長く聞きたかったな。

そして、何よりあのファッションセンスね! wearとかやってほしい。もっと見せてほしい。

個人的にはあと15年若ければ、私も羽織を着て街を歩きたかった!謎加工も大好き。ゆめちゃん愛おしい。

https://stat.ameba.jp/user_images/20170311/20/tsubaki-factory/72/46/j/o0480064013887520488.jpg?caw=800

第4位 アンジュルム 勝田里奈ちゃん


勝田里奈「りなぷぅトークが面白いw」

省エネ毒舌なりなぷーちゃんは本当に大好き。最初は「なんだこの子?」ってなってたのに、いつの間にかずぶずぶにハマってる。不思議。何故。

省エネなのに、音は絶対外さないし声はかわいい。wearもほんと好き。アイドルらしいかわいさはないけど、女子人気はかなり高いんじゃないかな。ヴィンテージバッグ、欲しいなあ。

りなぷーのwearはこちら♡

第3位 Juice=Juice 宮崎由加ちゃん


雑煮でケンカしてんじゃねーよ/宮崎由加(Juice=Juice)、牧野真莉愛(モーニング娘。'17)、川村文乃(アンジュルム)

みんな大好きゆかにゃ。もう泣きエピソードあり過ぎて、本当に大好き。

歌声も笑顔も立ち振る舞いも、全部が好き。

以前語りまくった内容はこちらw

もう年齢的にキツいんだけどevelynのお洋服買いたいなあ。絶対タンスの肥やしになるけど。

第2位 こぶしファクトリー 野村みな美ちゃん


野村みな美 2017バースデーイベント PART 1

みんなのみなみな。この子もブログをめっちゃ頑張ってる子。

この辺とか見ると分かりやすいかな? NAVERさんです。

matome.naver.jp

もちろん、ブログだけじゃなくてビジュアルもかなりいいし、歌声もきれい。念には念はみんな可愛いしれいれいが注目されがちだけど、みなみなもかなりいいよ!!


こぶしファクトリー『念には念(念入りVer.)』(Magnolia Factory [Be Double Sure (with ”NEN” Ver.)]) (Promotion Edit)

5人になっても応援してるよ!

そんなみなみなブログはこちら~。

第1位 Juice=Juice 段原瑠々ちゃん


Juice=Juice - GIRLS BE AMBITIOUS 2017

サムネはかなともちゃんですが、瑠々ちゃん大好きになった曲。

正直最初は「歌が上手いだけの子でしょ?」という印象。もちろん、歌が上手い子は大歓迎なんだけど、小田さくちゃんとかさゆきちゃんとかあやぱんちゃんとか、歌が上手いハロメンと言うのはたくさんいるわけだし。私はそこまでスキル重視ではないので「ふうん、Juice=Juiceに入ったんだー」ぐらい。

でも、でもね!!

瑠々ちゃん本当にかわいい。菅井先生にいくら怒られても泣かなくて後から泣いてたりするところを見ると、本当にね。本当に…。

そして、これは何度見ても泣ける。

www.nicovideo.jp

ラストの「ここまでこれたのよ」がね…もうダメ。

そりゃそうだよね。あんな歌うまい踊りうまいスキル完璧って言われて入ってきて。やなみんはカンガルの実績があった中で、デビュー曲でいきなりガツンといいところ貰って。

 「できて当たり前」「スキルメン」なんてこと、あるわけない。いくら研修生で実績があっても、彼女は新人。

それでも弱音を吐かず頑張る姿に、三十路おばさんは元気をもらうわけです。瑠々ちゃん、いつもありがとう。

孤独でネガティブな三十路女がいつも元気をもらっているアイドルTOP10でした!

正直最初はハロ以外も入れようと思っていたこの企画。でも、やっぱハロだけになってしまった。なんてこったい。

そしてカンガルがなかった…。なんだろうなあ。カンガルはかわいすぎるのかもしれない。(?)

ハロプロ以外だと、最近は「sora tob sakana」とか「ヤなことそっとミュート(ヤナミュー)」とかきいてます。曲がいい。後は、「Take have fun」は割と中毒性があると思う。

まだそこまでメンバーに詳しくないので、これからいろいろ知っていきたいところです。

 

そんな気になるアイドル動画をちょこっと載せておきます~。ぜひぜひ。


sora tob sakana/魔法の言葉(MV)


アイドル横丁夏祭り20170708 ヤなことそっとミュート (1日目・2番地)


Task have Fun "3WD" (MV)

Juice=Juiceの「TOKYOグライダー」と「Never Never Surrender」が好きすぎたのでMVを妄想してみた

大好きで大好きで大好き過ぎてせいいっぱい背伸びをしなきゃ遠くに行っちゃいそうで怖いJuice=Juice。

簡単に神とかいう今現在の風潮は気に食わないのですが、TOKYOグライダーもNever Never Surrenderも神で本当に大好きです。

そんなJuice=Juiceの次のシングルは、「セクシーセクシー」なんだそうですね。あーりーかかなともちゃんメインなのかな?どちらにせよ楽しみです。

でもそうなると、TOKYOグライダーもNever Never Surrenderはどうなるのかしら。なんてこったあんな神曲が。となるともしかしてMVもなし?と思ったので、タイトルなわけです。

万一MVが発表されても、よくわからんところで微妙にダサい衣装を着せられて寝転がったりもたれかかったりして歌って踊ってるだけでしょ?という卑屈なジューサーである私が勝手に妄想してみました。

どうかこの妄想を後から見て「素人がきもいこと言っててすいませんでしたあああ!」「やっぱアップフロントって神だわ!!」と思う結果になりますように。

というわけでテンションが微妙な前置きを書き終わったところで、

Juice=Juiceの「TOKYOグライダー」と「Never Never Surrender」が好きすぎたのでMVを妄想してみたスタートです!

まずは、TOKYOグライダーから!


Juice=Juice - TOKYOグライダー

「夜」「グライダー」「夢活」この辺がキーワードになりそうな楽曲です。

そんなわけで、出だしは全員パジャマ。同じマンションに住む1人暮らしたち。

パジャマはそれぞれの雰囲気に合わせて…。

ゆかにゃ…花柄のマキシワンピ+カーディガン

かなとも…ジャージ

さゆきちゃん…パジャマらしいパジャマ

ちゃんさん…パーカー+ショーパン(ジェラピケみたいなモコモコ)

あーりー…浴衣orガウン

やなみん…着ぐるみ風パジャマ

るるちゃん…チュニック+レギンス

みたいな感じ。メンバーカラー入っているとよし。それぞれ悩んでいる風。お勉強をしていたり雑誌を読んでいたりネイルをしていたり。

「はじめよう!」で場面転換。

場面転換後は、パジャマではなく、操縦士風の服(スカートっぽい感じでおしゃれに、かわいく!!これは絶対!!)7人そろってダンス。例の頭回しもここでw

間奏とかでは予算的に難しいかもしれないけれど、できれば東京の夜景をヘリコプターから見ているとかがいいなあ。

2番では、またパジャマに戻る。女子会みたいな感じで7人でワイワイ。背景には夜景。

「続いてく」でまた場面転換。

とりあえずダンス。たぶん外せないよね?外せるなら、走っているところとかなんかがんばっているところをひたすら流す。

ラストはなんか7人でわちゃわちゃしながら盛り上がっていれば良し。その後、夜が明けておしゃれに決めた7人がマンションから出てくるところでカット。

もう少しやなみん&るるちゃんが年上だったらオフィスが舞台でもいいかなーと思いましたが(逆にもう少しみんな若ければ学生でもいいかなと思いましたが)とりあえずこんな感じ!

 

そして次! Never Never Surrender!


Juice=Juice - Never Never Surrender

死ぬほどかっこいい。ゆかにゃの「お気に召すまま♡」が大好きで鬼リピ中。ありがとうございます。ほんとうにこの曲に出会えてよかった。

そんなネバネバ~のMV妄想はこんな感じ。

まずは1個目!

ちょっと古いゲームのBGMみたいなサウンドがあるので、いっそもうファンタジーアレンジ。

剣士ルルと魔法使いナナの冒険劇とかでいいんじゃないかな。背景とかはもう安っぽいドット絵みたいのでいいよ。

で、途中でどんどん仲間を増やしていく。

現実では5人に2人が合流した形だけど、MVでは逆にする。

聖女ゆかにゃと、オオカミ女かなともと、エルフちゃんさんと、音楽師さゆべえと蛇使いあーりーとかと出会って最後は魔王を倒しに行くといいよ。魔王は菅井先生とかが友情出演してくれればいいよ(適当)

ダンスもいらない。ただ7人で喧嘩したり守り合ったりして仲良く歩いているだけでいい。

時々段ボールでできたような安っぽいモンスターを倒してみたり、あーりーの蛇が脱走してわたわたしていればいいよ。

安っぽいのが逆にいい!!っていうMVになるとよい。(ただし衣装にはお金をかけてほしい)

そして2個目!

こちらは、現実世界でのMV。ひょんなことから父親の残したジュースバーを再建することになった長女ユカ・次女サユキ・三女ナナミの三姉妹。現実的な銀行員(トモコ・アカリ)にダメ出しをされながら、工夫に工夫を重ねる。しかしうまくいかないことばかり。サユキとユカはケンカばかり。

そんな中、ナナミは同級生ルルに自分の家の状態を説明。それなら!とルルは自宅にナナミを連れていく。実はルルの姉カリンはアイスクリームを作るのが得意。

試しにジュースにアイスを組み合わせてフロートを作ったら、大好評。

そんなわけで宮本家と宮崎家が協力して素敵なジュースバーをオープンしたのでした☆これには試飲会に招待した銀行員の2人もにっこりだよ!というお話。

5分に無理矢理詰め込むならこんな感じかな。歌割なんか1ミリも考えていませんがwかなともちゃんとあーりーを悪役にしてすみませんです。でもスーツの妖艶な2人が見たかったんだ!!

Juice=Juiceの「TOKYOグライダー」と「Never Never Surrender」が好きすぎたのでMVを妄想してみました!

あー楽しかった。気持ち悪いですね。わたし。(今更)MVが作られるのかどうかは分かりませんが、数か月後のわたしはきっと「やだあの記事消そう!!!こんな素晴らしいMVが作れるなんてプロはやっぱ違うわー!!」って言ってるはずだ。うん。

そうなったら、この記事は綺麗に消して素晴らしいMVを見続けようと思います!!

https://i.ytimg.com/vi/Aqdmz2qDSk8/maxresdefault.jpg

おしゃれなMVを頼むぜ!!!