QとかJとかIとか

主にこぶしちゃんを愛しているブログです。勝田里奈ちゃんとゆかにゃも一生応援します。妄想が大好きです。

カントリー・ガールズの活動休止を受けて「アイドルを応援すること」の覚悟について考えてみた

寝耳に水、といった風に飛び込んできたカントリー・ガールズの活動休止。

正直私はカンガルちゃんの熱烈なヲタクというわけではなく、最愛のこぶしちゃんをメインに聞きながら「あー可愛い曲いいなー!!!」「衣装班とっかえてくれー!!」と思っている程度の人間なので、悲しんだり憤ったりする資格はないと思うのですが、それでもやっぱり衝撃ではありました。

ひとりふたりの卒業ではなく、活動休止。そんでもって2人(山木梨沙ちゃん&船木結ちゃん)は兼任していたグループも卒業して(カレッジコスモスとアンジュルム)芸能界も引退、と。小関舞ちゃんはハロプロ卒業。森戸知沙希ちゃんはモー娘。に残るとのことですが……。事実上の空中分解。綺麗に着地してでの「任務完了!!」なんかじゃにですよ。これは。

 

f:id:tocococo:20191019145031p:plain

カンガルちゃん

いろんなヲタクが言ってますが、カントリー・ガールズの兼任という結論を出さなければ、こんなことにはならなかったのかという疑問はあります。

梁川奈々美ちゃんの時にもいろんなヲタクがいろんな風な意見を言ってましたが。。うーん。

でも結局ヲタクは想像することしかできない生き物なのでみんなの表面上の前向きな決断理由を「そうなんですか」と聞くことしかできないわけです。

 

正直私はカントリー・ガールズのガチヲタではないので、ももち先輩の思いがーとかそういうことは言うつもりがないのですが、ただ、ぼんやりと「アイドルを応援すること」とは何だろうと考えたのです。

以前もおんなじことはぐるぐる考えていて(主に元アンジュルムの相川茉穂ちゃんが卒業したときとかに)以下に貼り付けてしまうのですが、私にとってアイドルを応援することというのは未来を夢見ることではなく、過去に発表したこと・今現在の存在を好き!!と思うだけだなと思ってたんです。

 

tocococo.hatenablog.com

tocococo.hatenablog.com

tocococo.hatenablog.com

なので、例えば突然アンジュルムスマイレージ時代のようにみんなでミニスカートをはき始めたら推しを辞めるかもしれないし逆により推すかもしれないし、その辺は自分と約束しないで応援していこうと思ってたんです。そう思いながら今はこぶしと並行しながら「神宿」や「まねきケチャ」を聞いているわけです。(?)

CDも出された曲が良ければ買う。特に好きではなかったら買わない。(ちなみにそう決めてから某グループの曲は1曲も買ってないという…。早く良曲を出してくれ…!)

そんな風にある意味アイドルに対してドライに対応しようと、ちょっと自分に酔いながらそう思っていたんですが、結論から言うと、今、ものすごい怖いです。

Juice=Juiceが増員を決めた時。宮崎ゆかにゃが卒業を発表した時。やっぱりすごく怖くて衝撃で辛かった。(ちなみに勝田里奈ちゃんの卒業は覚悟をしていたけれど、それでもやっぱりちょっと抜け殻になりかけて、でもすごく前向きだったので私も受け入れられた。)

それでもJuice=Juiceやアンジュルムなんかはいわゆる「箱」は残ってた。でも今回のカントリー・ガールズはその「箱」すら残らない。(メンバー一新してやるとか言ってますがそれはまた違う話で)

カントリー・ガールズももしもひとりふたりの卒業で「箱」が残っていれば、少しは怖さが紛れたのかもしれませんが、やっぱりものすごい恐怖なんです。

そう思うと、「アイドルを応援すること」というのはものすごい覚悟が必要なことなんだなあと今更ながらに思ったんです。

そう思ったことによって、先日買った一生大切にしたいこぶしファクトリーの2ndアルバム「辛夷第二幕」まで…なんだか…これで終わりなんじゃないかっていう気持ちで聞いてしまうようになったんです。

 

よく、(ちょっと意味が違うし不謹慎かもしれませんが)別れが嫌だからペットを飼わない、とか、嫌いになりたくないから彼氏or彼女は作らない、とか。そういう風に言う人がいるんですが、今の私はまさにそれです。

 

これ以上こぶしファクトリーにハマったら、いつか立ち直れないほどの恐怖体験が待っているんじゃないか。

そう思ったらすごく怖くて。怖くて怖くて怖くて。

アイドルは刹那的なものだから覚悟を持って応援するキリッと思った時もあったのに、今はただ怖い。タイムリミットが来る前に♪という曲が聞けないぐらいに。

(ちなみに藤丼、れなこ、たぐっちが抜けた時もかなり衝撃でした。でもあやぱん推しだったのもあって、当時は衝撃というよりは「ああああやぱん落ち込まないでええええあやぱんのせいじゃないよおおお」という心配のほうが正直強くて。)

どっちにしろハロプロには25歳永遠説(?)という謎の定年制度があるのでこぶしちゃんが5人でそろっている姿もいつかは見納めになってしまうという覚悟は持っていたはずなのですが…。

後もう1曲でもいい。5人元気にそろって楽しそうに歌っていてほしい。そんな風にヒリヒリとした気持ちを抱きながら応援するって、ものすごい強靭なハートの持ち主じゃないとできないんだよなあ……と。

いっそのこと、言ってくれればいいのにね。デビュー時に。「私たちは〇〇年〇月までは一生懸命活動します!!そのあとは知らん!!」とかね。やけくそですね。

というわけで私は往年のベイスターズファンのように「負けて当たり前。勝ったら奇跡」という思いをもってじゃないとアイドルは応援できないなあと思ったんです。

ていうか果たして楽しいのかそれ。そういうところも楽しめるぐらいの心の持ち主じゃないとアイドルを応援するのって難しいのかもなあ……。

 


こぶしファクトリー『シャララ!やれるはずさ』(Magnolia Factory[Sha la la! we can do this!])(Promotion Edit)

 

果たしてカントリー・ガールズちゃんたちはタイムリミットが来る前に、やれること全部やってみられたのかな。

でも、もう決まったことは覆せない。今までお疲れさまでした!素敵な夢を見せてくれてありがとう!!!!


カントリー・ガールズ『One Summer Night ~真夏の決心~』(Country Girls [One Summer Night -midsummer decision-]) (MV)

 

ついでに最近よく聞いてるMVも置いておく。ではではどろん。


神宿「グリズリーに襲われたら♡」MV


まねきケチャ『きみわずらい』Music Video

若干遅くなりましたがこぶしファクトリーの「辛夷第二章」全曲レビューをしてみる

こぶしファクトリーの2ndアルバム「辛夷第二章」発売1週間がたったということで、非常に今更ではありますが全曲レビューというものをしてみようかとふと思いまして。

音楽的な才能とかそういうのはないのでレビューとかっていうのはしない方向で考えていたのですが(主にそこ違うだろとか突っ込まれるの嫌だし…という消極的な理由で)1週間毎日聞きこんで、「あああやっぱさいこううううう」と思ったので、やってみようかな!と思いました。

 

f:id:tocococo:20191009164121p:plain

かわいいかわいいこぶし。

 

売り方についてはいろいろ言いたいこともあったのですが(とりあえずアルバム衣装でラブマあたりをOMAKEチャンネルでやっとけよ!!とか突撃で音楽聞いてもらうやつは5人全員やろうよ!!とか)とりあえず最高です。私が買ったのは初回Bのアカペラ入りなのですが、正直アカペラは加工なしで入れてほしかったというところもあるのですが、とりあえず最高です。初回Bの写真は正直あんまり写りが良くなく(特に推しのあやぱん)TSUTAYAの特典も同じ写真だったのでちょっと通常版と逆にしてほしかったなあとも思ったのですが、とりあえず最高です。

 

そんな最高の「辛夷第二章」全曲レビューです!ちなみに音楽的知識とかそういったものは持ち合わせていません!すみません!!

1. これからだ!


こぶしファクトリー『これからだ!』(Magnolia Factory[Starts from now!])(Promotion Edit)

1曲目からいい。初見では「きらっ☆ぼしっ☆いまかがやけっ!」が若干ダサいかなと思ったけどライブ映像で見たらイメージが変わりました。

いわゆる「ザ・正論ソング」なんですけどスッと心に入ってくるのは、この5人だからなのかもしれない。そして押しつけがましくないのが、「努力は裏切んない 証明したいよ」というところ。「努力は裏切らないから頑張ろう♪」ではなく、それを証明したいと語る5人。(作詞者じゃないけど)おう、じゃあ見せてくれよ!!私も頑張るからさ!!と思える1曲。

れいれいのボイパもよき。曲自体も疾走感があり泣き所もありつつ1曲で物語が生まれて簡潔するというか。


 2. Come with me

これめっちゃ好きなやつ!!多分90-00年代にJ-POP聞いてた人から今でも結構音楽聞くよな人でもみんなが好きなやつ!!だまされたと思って聞いてみてほしい。本当に。

曲だけではなく歌詞もめっちゃ好き。「褒められるためだけに走ってるわけじゃないし」が好きすぎる。本当だよ。

そして「わかって?」「ついておいで」と聞いてからの→「ついてこいよー!!!」が最高。女心分かってる。ついていくよ!本当に!!一生ついてく!!!


 3. 明日テンキになあれ


こぶしファクトリー『明日テンキになあれ』(Magnolia Factory[Let it be a fine day tomorrow])(Promotion Edit)

前もこの曲はレビューしたことがあるんですが↓もう1回。これもある意味「正論ソング」で「がんばれと応援する系」ソングなんですが(こぶしは本当にこういうのが多い…)「明日テンキになあれ」と「なあれ」というところがポイント。「お前が頑張れよ!!!」ではなく「天気になあれ」って最後に少し優しく締めてるのが大好き。

正論・応援系は好きだけど全て受け止められるほど元気じゃないよって人におすすめ。

 

tocococo.hatenablog.com

  4. ハルウララ


こぶしファクトリー『ハルウララ』(Magnolia Factory [Haru Urara-Beautiful Spring])(Promotion Edit)

美しすぎるMVが大人気の曲。これは落ちサビのみなみなからの→最後のフェイクのあやぱんが最高。綺麗すぎて息が止まりそうな5人の歌声がいい。そして「ハモってますが何か?」っていうところが超かっこいい。ふつうのアイドルなら「ここハモってるよ!ハモってるから!頑張ってるから!!」となるのが、こぶしはそれを普通にやってる。なんていうミラクル。

 5. 好きかもしれない

れいれいのメイン曲。こぶしには珍しい恋愛ソング。こういう若い子の「初恋」とか「恋のはじめ」の曲はちょっぴりこそばゆい年なんですが()でもすごい好き。曲が本当に大人っぽいのと、「視線(め)で噛みついた」とかいう言葉のチョイスが最高。「改札のにおい」とかってなんだよもううううほんとうにすきかもしれないいい


 6. 消せやしないキモチ


消せやしないキモチ [ こぶしファクトリー ]

ハロメンたちからもめっちゃ人気の曲。浜ちゃんの声がちょっと研究生時代っぽくてかわいいwドーナツをほお張っちゃうの本当にかわいい。どうでもいいが歌詞カードがこの曲の横がかわいこぶりっ子したみなみなで本当にかわいい。

ハートのペンダントとか買うよねええ本当に。なんてかわいい歌なんでしょうと思ったら作詞作曲が星部ショウさんだった。納得。

7. きっと私は


こぶしファクトリー『きっと私は』(Magnolia Factory[I must be…])(Promotion Edit)

サムネほいほい。かわいいなあ。作詞作曲はつんく♂で、こぶしが飛び上がるほど喜んだという曲です。「人間嫌いじゃなんか勿体無い」っていうフレーズがなんかいいですね。(なんか)

去った3人のことをうたっているようでそうでなかったり。こぶしの歴史を知っていると明るい曲なんだけどちょっぴりほろ苦く感じるかもしれない。

普通に良曲。


8. 開き直っちゃえ!


こぶしファクトリー 開き直っちゃえ!

みなみなメイン曲。個人的には「あーーーーそこきたかーーーー」っていう感じ。サラリーマン世代のお父さんや「ひとそれ」好きのOLさんとかにざっくり入るやつ。多分。

そういうのをほんわかしているみなみなが歌うっていうのが本当にいい。


 9. ナセバナル


こぶしファクトリー『ナセバナル』(Magnolia Factory[Where there is a will, there is a way.])(Promotion Edit)

泣き曲。「誰かに守ってもらえると思ってる癖」とか…ざくざくアラサーの胸にも刺さります。本当に。「一人で生きていけそう」って言われたこともあるけどやっぱそういう癖もあるんだよね……あーもういや。でも「為せば成る」のであって。

こういう歌は正直歌唱力が低い人が歌うと「なんちゃって応援ソング」になりがちなんだけど、こぶしが歌うと本当に説得力がある。

ただしMVは若干「これからだ!」と酷似しているのがちょっぴり残念……。


 10. Yes! We are family ~こぶしver.~

はい泣き曲2曲目!といっても泣くのはこぶし組だけかもしれんがw5人の名前が入っていたり今までリリースした曲名が入っていたりと楽しさ満点。多分ライブでやったら絶対盛り上がるやつ。

「まっすぐなみんなの愛はいつでも私の心で咲いています」とか本当に最高。咲いてるんだ。良かった。お願い散らせないで。(主に事務所)

11.Oh No 懊悩


こぶしファクトリー『Oh No 懊悩』(Magnolia Factory [Oh No The Torment])(Promotion Edit)

こぶしらしいちょっぴりコミカルな1曲。「わたしばっか、ってわたしバカ?」とか語感もいいしちょっとグサッとくるところもいい。雨子先生好き。

とりあえず聞いたら例のポーズがしたくなる。本当好き。


12. アンラッキーの事情


こぶしファクトリー「アンラッキーの事情」 | Kobushi Factory - Unlucky no Jijou【辛夷第二幕】

これめっちゃ好き!!!!歌詞も曲調も本当に最高。「悲しみスパイラル」というフレーズも好き。テンポ早くて疾走感もあるし、なんかの曲にできそう(なんかってなんだ)Come with meの次ぐらいに好きかも。どこが好きとか言えないけどとにかく好き


13. 亀になれ!


こぶしファクトリー - 亀になれ!

ライブ曲。ライブ音源に慣れてると「セイ!」とかないのが寂しくなりますね(らっこちゃんとかも言ってたけど)

「おとぎ話なんてさ まるで信じないけど」とかいうのがイマドキの子っぽくて好き。なんというかきれいごとばっかり言う「正しい子」ではなくちょっとすれてる子なのが好き。


14. シャララ!やれるはずさ (2019ver.)


こぶしファクトリー『シャララ!やれるはずさ』(Magnolia Factory[Sha la la! we can do this!])(Promotion Edit)

抜けてしまった3人を思い出して寂しくなる1曲。本当にでも今の5人にもピッタリの1曲。5人のタイムリミットはやっぱり25歳なのかな。やれるところまで本当にやってほしいな。そして30歳になっても40歳になっても5人で歌っててほしいな。

 15. ドカンとBREAK!


こぶしファクトリー『ドカンとBREAK』(グーちゃんリング)楽しみ方

あえてあやぱんがかわいすぎるほうの動画を貼ってみるwライブで盛り上がる系の1曲。

おしゃれな曲からバラード、そしてこんな盛り上がる系まで。なんでも行けるぜってやつですね。さすこぶ。(?)

 16. 明日の私は今日より綺麗


こぶしファクトリー 明日の私は今日より綺麗 (Radio rip)

浜ちゃん曲。もうタイトルがいい。タイトルだけですべて解決できそうな(何を?)

「大人になりたい」から始まる綺麗な曲。そして当然のようにハモるメンバーが本当にかっこいい。

まさに「ザ・二章」って感じの曲。たぶん。大丈夫。みんな毎日かわいさを更新してる。

 17. Yes! We are family ~FC町田ゼルビアver.~ (Additional Track)


こぶしファクトリー「Yes!We are family~FC町田ゼルビアver.~」【辛夷第二幕】

正直これ、最初は全く期待してなかったんです。どっちかといえば野球党だし(あやぱんとは応援してるチーム違うけど)こういう応援歌って若干ダサいイメージがあったんですが。

「デスクの上戦うmywork」とかサポーター(でいいのかな?)の暮らしにも目を向けた応援歌ってありそうでなかった気がする。多分。

言葉の1つ1つも洗練されてて、韻を踏んでるところもあるし。

「応援歌」というよりはひとつの楽曲としても最高の出来なんじゃないかと思います。

 以上!

アカペラのレビューもしようかなと思ったのですが全曲最高としか言えないので割愛しようかと……。そのうちやるかもですが。

とりあえず最高です。本当に。一生大切にしたいアルバムの1枚になりました。

こぶしファクトリーのメンバーとスタッフの皆様に大大大大感謝!!!敬礼!!!!!

257日ぶりに書くブログで、りなぷーこと勝田里奈ちゃんへの愛を叫んでみる。

アンジュルム勝田里奈ちゃんの卒業発表から、ほぼ1か月。

ようやくブログを書く気になりました。257日ぶりです。まじか。

https://stat.ameba.jp/user_images/20190115/15/angerme-amerika/88/44/j/o0810108014339380301.jpg?caw=800

勝田里奈ちゃん。かわいい!

 

この257日間には、ゆかにゃ、あやちょたちが卒業したりビヨンズのMVを鬼リピしてたり娘。やJ=J、アンジュに新メンが加入したりして正直ハロプロを追い切れておらず。

「なんだかんだ25歳卒業なんてハロプロもう推せねーわ」「何が永遠説だよ人間はみんな年取るんだよそれでも推していきたいんだよゆかにゃ卒業しないでええええ」状態で相変わらずやさぐれておりました。

でももちろん私たちは受け入れるしかできないので(それについて詳しく語った記事はこちら)「じゃーいいや、とりあえず冷めた目で見ながら瑠々ちゃん最高って時々はしゃげばいいんだろ」っていう具合でした。

新メンもあんまり名前と顔を一致させられなくて、固定メンバーってやっぱいいなあってこぶしのおまけ動画とか過去のMVとか見ながら仕事をしている毎日でした。

そんなときの、りなぷーちゃんの卒業発表。

りなぷーちゃん推しになることを決めた時に、ある程度覚悟はしていたのですが…は、早かった……(詳細下記)

tocococo.hatenablog.com

一応1年ちょっと推してたんですが(とはいえ在宅ですが)うん…早かった…。あやちょの卒業→タケちゃんリーダーにキャーキャー言ってたら、本当にあっという間でした。

ただ、本当に寂しいんですけれどもきっちり仕事をこなして次のステップに進もうというりなぷーちゃんの心意気みたいのを感じて。

ここのところのハロプロの卒業というのは、25歳定年だったり、突然すぎたり、なんとなくあいまいで不可解な理由だったり、男バレしての解雇的卒業だったりと何となくモヤモヤが残るものが多くて。

エッグ時代からのひたすら「やりきった!!」感。最後の先輩であるあやちょをしっかりと見送った姿。後輩のかむちゃんサブリーダー、同期のタケちゃんリーダー就任を見届けて。そして、「次にコレがしたい!」という美しい流れには、ただただ頭を下げて「お疲れさまでした!」って言いたくなったんです。

ブログを見て、なおのことその思いが強くなりました。どうでもいいですが↓の画像サムネがかななん&たけちゃんだけでちょっと切なくなりました。

ameblo.jp

ずっとファッション仕事がしたいって言っていて、そのファッションのお仕事が少しずつ軌道に乗ってきての卒業。(アンジュのライブ衣装プロデュースしたりminaの連載したり)(アンジュがおしゃれ!って女子人気上がってきたのはりなぷーちゃんのおかげも少しはあると思う)(もちろんモデルやってるりかみこちゃんとかもあるけど!)

一貫した芯の強さとそしてファンに対する思いやりみたいなものを感じて、ああ、やっぱり勝田里奈ちゃんは勝田里奈ちゃんだなあと思ったんです。推しのひいき目かもしれませんが。

もちろん、エッグや6スマ時代から推してきた方にとっては今回の卒業はまた違った風に見えるんだと思います。発表から卒業までの期間が短いとか、歌やダンスのレベル高いのにもったいないとか。

ただ、絶対近々卒業すると覚悟の上で推してきた私にとっては、りなぷーちゃんの潔さと美しさが本当に素敵だなと思って。

リなぷーちゃんの言う「ベストタイミング」。まさにこれに尽きるなあと思ったのでした。

これからどうなるかわからないのですが、例えば萩原舞ちゃんの「With Mii」のようにブランドを設立するなら、それを応援したいなあと思いますし、既存のどこかのブランドやファッション雑誌などに携わるならそれをチェックしていきたいなあと思います。

とりあえずwearをはじめとするSNSは絶対チェックします。年下ではありますが、本当にファッションとかメイクとか参考になるのだ…!かわいい!モチベ上がる!!

 

このブログが個人的に幸せすぎて何回も読んでる。あいあいのことにも触れてくれて本当にありがとう…。いい子や……。

ameblo.jp

 

アンジュルムについては今後かむちゃん寄りの箱推しになるかなと思うのですが、相変わらずこぶしファクトリー熱がすごいので時々またブログでこぶし愛を語りたいと思います。

後、びよんずも頑張って覚えようと思います。とりあえず気になるのは前田こころちゃんです。ああ本当にわかりやすい自分が恥ずかしい。

そして、りなぷーちゃんが卒業するまであと約2か月。

絶対泣けるはずの卒業曲と絶対見とれるはずの衣装を楽しみに生きます!!勝田里奈ちゃんについてもっと語る記事も書きたいなー!!


アンジュルム 竹内朱莉・勝田里奈 『絶対解ける問題 X=♡』

りなたけ最高すぎる!!!りなぷーちゃん本当にアンジュに入ってくれてありがとう!!

 

ラストはりなぷーちゃん記事でまさかのこぶし動画貼り。

あやぱんとさこちゃんがかわいすぎて辛い…。ほんとアラサー女受けする2人だと思う。。


こぶしファクトリー広瀬彩海《自撮りアカペラ》キャンパスライフ〜生まれて来てよかった〜


こぶしファクトリー《桜子発!桜紀行》春麗編

モーニング娘。’18は、至急MVの焼き直しをするといいと思うという妄想とこんなMVになったらいいなあという妄想

元推しにいろいろとありまして、すっかりとブログを書く気がうせてしまっておりました。あれから2か月たったことですし、そろそろ気分を切り替えないとなあと思いまして。

アンジュルムの新曲好きだなあとか思いながら、「やっぱハロプロ好きだなあ…」と実感しておりました。


アンジュルム『タデ食う虫もLike it!』(ANGERME [Every man to his taste. (Like it!)])(Promotion Edit)

46億年のほうが人気みたいですが、私はこっちのほうが好きです。りなぷーちゃん可愛すぎて泣きそう。

 

でもやっぱり、過去のモーニング娘。の曲とか聞いてると彼女のことを思い出してしまったり。音楽番組とかでもMVの取り扱いはなかなか微妙な感じになっていたり。

だったら、モーニング娘。の過去の曲を、今のモーニング娘。’18で焼き直してみたらいいんじゃないの?というのが今回の主テーマです。

曲に関してはアップデートでかなり焼き直しがありますので、今回はMVで。とはいえダサ服でみんなでダラダラ踊ってるだけじゃ面白くない。1人1曲で、ストーリー性のある(でもお金もかからない)MVを作ってみてはいかがでしょうという妄想です。

イメージとしては、ミュージックビデオというよりは、イメージビデオに近いかもしれません。

ただの元よっすぃーヲタの妄想なので、気が向いた方だけぜひご覧ください!

 

というわけで、

モーニング娘。’18は、至急MVの焼き直しをするといいと思うという妄想とこんなMVになったらいいなあという妄想スタートです!

f:id:tocococo:20181109094652p:plain



とりあえず、1人1曲なので年功序列でお届けします!

譜久村聖…しょうがない夢追い人


モーニング娘。 『しょうがない 夢追い人』 (MV)

プラチナ期の曲なので焼き直さなくてもいいんですがw フクちゃんにはこれ。ロケ地はその辺の団地でいい。アイロンかけて買い物行って家計簿つけてればいい。服はその辺のスーパーで打ってそうなペラペラのブラウスと時代遅れっぽいタイトスカートとかでいい。ごめんなさいフクちゃん好きです。

生田衣梨奈Ambitious! 野心的でいいじゃん


モーニング娘。 『Ambitious! 野心的でいいじゃん』 (MV)

イメージとしては、キャリアウーマンえりぽん。基本仕事できるんだけど恋愛は不器用☆みたいなドラマでよくある感じ。スーツでバリバリ働いてついついできない後輩にきついこと言って落ち込んじゃったり、彼とすれ違ったり、なんか大きいプレゼンしてみたり。仕事仲間役に飯窪さんあたり、後輩役にかえでぃーあたりが友情出演してくれると良し。面白みがなさそうだったら、バスタイムとかちょっとお色気シーン入れたらいいんじゃなかろうか。

飯窪春菜…恋のダンスサイト


モーニング娘。 『恋のダンスサイト』 (MV)

飯窪春菜ちゃんは、まさかの恋のダンスサイト。4期はまだ加入してませんが。MV久しぶりに見たわ。MVイメージは、ファッショングッズやヲタグッズで溢れるおうちの断捨離w いる、とかいらない、とか、悩みながら取捨選択していく。彼に振られたばかりとかでもいいかも。「更新するわ」のイメージから来てます。途中でファッションショーをしてみたり、彼との思い出にひたってみたり。

石田亜佑美ハッピーサマーウエディング


モーニング娘。 『ハッピーサマーウェディング』 (MV)

何故だか「いい奥さんになりそう」なイメージの強いあゆみんはハピサマ。ひねりはありませんが、歌詞の通り表現していくだけでいいんじゃないかな。実家→不動産屋→結婚式打ち合わせ→結婚式と流れていく感じ。

出来ればハピサマ主人公の女の子の十数年後、ということで今のあゆみんがママの思い出話を聞いていたかのようなストーリーにすると面白いかも。

佐藤優樹モーニング娘。ひょっこりひょうたん島


モーニング娘。 『モーニング娘。のひょっこりひょうたん島』 (MV)

イメージとしては、保育士まーちゃん。普段面倒を見られている側のまーちゃんが、あえて面倒を見る側に回る感じ。ちっちゃい子に囲まれてわちゃわちゃしながら、悩みつつ頑張る新人のイメージ。最後は他の保育士さん(ハロメンでも可)と一緒にひょっこりひょうたん島のミニ劇を園児の前で演じるイメージ。

小田さくら…色っぽい じれったい


モーニング娘。 『色っぽい じれったい』 (MV)

小田ちゃんには、色っぽいじれったい。出来るなら「禁断の恋」みたいなのを出してほしいですよね…。不倫とか同性愛とかストーカー愛みたいのとか…。

とはいえこんなことをすると間違いなく炎上するのでwあえての「猫」と「人間」のラブストーリーとかどうでしょうか。小田ちゃんには猫役をしてもらって、飼い主である彼に片思い中。みたいな。きっかけは捨て猫だった時にビスケットをもらったから。とか。

野中美希涙が止まらない放課後


モーニング娘。 『涙が止まらない放課後』 (MV)

バイトをしながら定時制高校に通うチェルシーのイメージ。なので、放課後はほぼ真夜中。日中は漫画家を目指してアシスタントに入ってる。彼は普通高校の生徒で、バイト帰りに会えるとかそういうイメージ。でも今日は会えなくて…みたいな。浮気されちゃって…みたいな。そんなMVのイメージ。

牧野真莉愛…歩いてる


モーニング娘。 『歩いてる』 (MV)

イメージとしては、モデルを目指して上京したての女の子。オーディションでうまく答えられなかったり、写真撮影で「もういいや」と言われたり。狭い1Kのアパートで落ち込んでみたり、両親からの小包に泣いてみたり。ドラマとかだとそんな時に妊娠するのかもしれないけれど、さすがにアイドルに妊婦ネタはどうかと思うので却下。

羽賀朱音女子かしまし物語


モーニング娘。 『女子かしまし物語』 (MV)

はがねちんはまさかのかしまし。物真似芸人を目指してオーディションに参加したはがねちんが、次々といろんな女の子を演じるイメージ。

ただし名前を言うところは、別の子の名前にしたほうがいいかも。なところも難しい…かも…。

加賀楓…愛あらばIT'S ALL RIGHT


モーニング娘。 『愛あらば IT'S ALL RIGHT』 (MV)

彼にプロポーズをされたというところから始まるMV。マリッジブルーになってみたり。更に同じタイミングで会社から海外異動を命じられる、みたいな恋愛ドラマによくある展開。実家に帰ってみて(ロケ地は加賀温泉郷で)おばあちゃんと話してみたり、初恋の男の子と再会してみたり。曲自体が明るいので、きれいな風景+きれい目かえでぃーを楽しむ動画というイメージ。

横山玲奈…ここにいるぜぇ!


モーニング娘。 『ここにいるぜぇ!』 (MV)

よこやんは、まさかの宝くじが当たって億万長者になった女の子。「ええ~!貯金こんなにどうしよう!」というところから始まり、仕事がちょっとおろそかになって怒られて辞めようかなって思ったり、旅行に行ってみたり、セレクトショップを開こうかな?とか考えてみるとか。お金ってあってもつまんないな、と思って思い切ってバカみたいな買い物をして(月の土地とか)仕事に行くというラストに。

森戸知沙希AS FOR ONE DAY


モーニング娘。 『AS FOR ONE DAY』 (MV)

ちぃちゃんはAS FOR ONE DAY。もう小細工無しの一発撮りで雨に打たれるちぃちゃんでもいいかもしれない。ただそういうことすると手抜きとか言われそうなのでwいっそのこと彼に逃げられた花嫁みたいなセンセーショナルな内容でも。

最後は指輪を地面に埋めて、おしまい。寂しすぎるかしら。

モーニング娘。’18は、至急MVの焼き直しをするといいと思うという妄想とこんなMVになったらいいなあという妄想でした!

色々と楽しかったです!どちらかといえばお金をかけない・女子あるある的な内容にしてみました。

もしできるなら、歴史ものとか(魔女裁判にかけられた真莉愛とか侍風かえでぃーとか)絵本みたいなものとか(お姫様えりぽんとか白鳥の王子風に編み物をする小田ちゃんとか)もありかなあと思うのですが、つんく♂曲は「メール」とか「バーゲン」とかいうフレーズがちょいちょい入ってくるのでw

以上です!!

モーニング娘。はテレビ出演をするとき、この歌を歌ったらもっとバズるんじゃない?という妄想

だいぶモーニング娘。も、さまざまな歌番組に出られるようになってきました。youtube不正アップロードされてるものや、twitterでもかなりの回覧数がついており、割と来てるんじゃね?というところにまでなりました。

が。悲しいかな。

「かわいい子が多い」とか「ダンスがー」「歌唱力がー」とかは割とあるんですが、いかんせん「この曲いい!」というコメントが少なくないでしょうか。

そしていくらtwitterでトレンド入りしても、それがyoutuibeのMV視聴数に結び付かない(ような気がする)(正確な数字ははかってないのでごめんなさい)

いくら可愛くてもダンス力があっても歌唱力があっても「この曲鬼リピしたい!!!」という曲や、「MV何度でも見返せるわあああ」という曲を歌っていないせいなのでは?というのが今回の趣旨です。

もちろん、ハロプロは割と「スルメ曲」が多いので、なんとなくリピートしているうちにズボリと沼に入っていくというのがパターンなのですが(たぶん)1回の番組出演では、なかなかそうはいかない。

「あとで調べてみっかなー」とか思ってる間に、次のアーティストがキャッチーな歌を歌えば、上書きされてしまうわけです。

そんなわけで、

モーニング娘。はテレビ出演をするとき、この歌を歌ったらもっとバズるんじゃない?という妄想 スタートです!

とりあえず、その楽曲リリース時のオリジナルメンバーがいる曲のみでセレクトしました。要は、9期のデビュー曲「まじですかスカ!」からです。

あとは、youtubeの公式MVがあがってるものだけにしてみました。アルバム曲とかは除外、ってことです。

これ歌ったらモーニング娘。バズるんじゃない?① 花が咲く 太陽浴びて


モーニング娘。'18『花が咲く 太陽浴びて』(Morning Musume。'18[Flowers Bloom with Sunshine])(ショートVer.)

公式ではショートverしか上がってないのが、惜しいのですが。。できれば家族みんなで見るような時間帯に流して、中高生は「そうだよな!」となり、口うるさい系ママンも「う…痛いとこつかれた…」となり、ぼーっとしがちなパパンが「ほほう」となるようにしたらいいと思う。

ただし衣装が難しい。分かりやすいメンバーカラーにすると曲とあってなくてイマイチだし、かといっていつものとりあえず白だと新規がつきづらいし。髪型とメイクで頑張るしかないのか。

これ歌ったらモーニング娘。バズるんじゃない?② ムキダシで向き合って


モーニング娘。'16『ムキダシで向き合って』(Morning Musume。'16[Confront With Bare Nakedness])(Promotion Edit)

とりあえず衣装は変えてもらうとして、曲的には割と耳馴染みもよく、キャッチーな雰囲気のこちら。

ただ、「すっぴんのあなたで~」のセリフはカットしてほしい。超主観ですが、「セリフ入りの曲」って、好みが分かれやすいとこだと思うんです。そこで「うをををを!」となる人もいれば、「うわ…」と萎える人も多い気がする。あかねちんと彼女のファンには申し訳ないのですが…曲としては必要なところだと思うんですが…。テレビでは、ぜひカットで。

衣装は、ジャケットorライダースとかかな。ムキムキダンス(?)が映えるのは、それしかないような…。できる子はヒールパンプス履いてほしい。割とキャッチーな曲なので、一般人が私服としてギリギリ着られるラインぐらいを意識すると「だっせぇ」とならないかと。

これ歌ったらモーニング娘。バズるんじゃない?③ Tokyoという片隅


モーニング娘。'16『Tokyoという片隅』(Morning Musume。'16[In a corner of a city called Tokyo]) (Promotion Edit)

なんかあんまり評判がよくないという噂の曲ですが、私が大大大好きな曲。まあややダンスがダサいのでキャプられて「今のモー娘。www」とかディスられそうなんですが…。

ただ少し暗めの曲調なので、「音楽で元気だそう!」的な番組には不向きかも。深夜番組でひっそりやるときや、何曲か披露させてもらえるときとかに。

衣装は黒ドレスにメンバーカラーのジュエリー的なアクセサリーでいいんじゃないでしょうか。

これ歌ったらモーニング娘。バズるんじゃない?④ 時空を超え 宇宙を超え


モーニング娘。'14 『時空を超え 宇宙を超え』(Morning Musume。'14[Beyond the time and space]) (Promotion Ver.)

美しいメロディが素敵な曲。ただし、これを披露するにはメンバーの美しさがピークでないとダメ。1人でもぽちゃってたりむくんでたりする時には、やっぱちょっとイマイチになりがち。

もっさい髪とか微妙なメイクだと、曲にあわないので、とりあえずnon-noスタッフさんに頼むしかない。

衣装はMVの感じでいいと思うなあ。とりあえず前列を牧野真莉愛ちゃん・加賀楓ちゃん・飯窪春菜ちゃん・生田衣梨奈ちゃんあたりのスタイル・ビジュアル良い4人でまとめて、儚げで切なげな雰囲気にしてほしい。他のメンバーごめん。

これ歌ったらモーニング娘。バズるんじゃない?⑤ 笑顔の君は太陽


モーニング娘。'14 『笑顔の君は太陽さ』(Morning Musume。'14[You bright smile is like the sunshine]) (MV)

Tシャツ+デニムで、ノーダンスで披露してほしい曲。メンバー同士が肩とか組んでへにゃへにゃ笑ってれば、それでいい。変にダンスとかすると顔も見づらいから、もう本当に手をちょこっと付けるぐらいで。

誰がセンターとかなく、3~4人ぐらいでグループ作って、順番にカメラに写ればいいんじゃない?(適当)

「あれ?××色のTシャツの子かわいくない?」とか「ツインテールの子、笑顔いいね!」的な感じでステマすれば広まる気がする1曲。

これ歌ったらモーニング娘。バズるんじゃない?⑤ まじですかスカ!


モーニング娘。 『まじですかスカ!』 (MV)

森戸知沙希ちゃん・横山玲奈ちゃんメインで魅せるなら、こんなポップで明るい曲もあり。衣装はMVみたいのでいいと思うなあ。底抜けに明るい曲は、いわゆる黄金期のモーニング娘。が好きだった人には好まれるかも。

ただ、ラインダンスは人数が多すぎて圧迫感が出るうえ、メンバーのスタイルが如実に出るのでそこは変更していただきたいところ。どうしてもやりたいなら、スタイルがいいメンバーを前列に出して、2列体勢で。

これ歌ったらモーニング娘。バズるんじゃない?⑥ What is LOVE?


モーニング娘。'14 『What is LOVE?』 (MV)

まあ何度もやってるし、TWICEが同名曲を出したりなんでイマイチなんですが、あえて出させていただきます。

そして、これを披露するときは、ぜひ2番の歌詞で!!これは本当に、1番より2番が秀逸。ポジティブ連鎖。これをテレビで言わんでいつ言うん。

後衣装は絶対かわいいの。ふわふわのチュールスカートとかで、ジャンプ移動のときに、上手に揺れるように。昔のスマイレージみたいのでいいんじゃないかな。ぽっちゃりの子には辛いかもしれんが…。

これ歌ったらモーニング娘。バズるんじゃない?⑦ 弩級のゴーサイン


モーニング娘。'17『弩級のゴーサイン』(Morning Musume。'17[Green Light of the Dreadnaught])(Promotion Edit)

正直、これをテレビでやってよ!!といいたいがために、この記事を書いたようなもんです。

生だと難しいのかもしれないけど、アクロバットは注目されるはず。そしたら、「アイドルとか興味ないしー」という人も「お?」となるでしょ。とりあえず。

歌振りのときに「私、飛びますんで!!」と生田衣梨奈ちゃんやら横山玲奈ちゃんに言わせたり、「かえでぃーがかっこよすぎて困るんです」と牧野真莉愛ちゃんや飯窪春菜ちゃんに加賀楓ちゃんをプッシュしてもらえれば、とりあえず流し見してる人も見てくれるでしょう。たぶん。

ただし、衣装はMVのままは本当に勘弁。変にこだわるんだったら、いっそジャージ(!)でいい。

モーニング娘。はテレビ出演をするとき、この歌を歌ったらもっとバズるんじゃない?という妄想 でした!

個人的には「愛の軍団」や「ジェラシージェラシー」あたりが好きなんですが、とりあえず独断と偏見で一般受けしそうな曲を選んでみました(あくまでイメージです)

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

f:id:tocococo:20180815130022p:plain

あの謎タイム大好きです!w

1億3千万総コメンテーター王国

タイトルの出オチ感が半端ないですが。元ネタはこれです。やっぱりBerryz工房は最高だなあと思います。熊井友理奈ちゃんかわいい。


Berryz工房『1億3千万総ダイエット王国』Berryz Kobo[130 million Diet-minded Country]) (MV)

 

タイトルだけ書いて満足していちゃあれなので、実際のところの「1億3千万総コメンテーター王国」と化している世界のことについて書いてみようと思います。

 

そもそもコメンテータというのは何かというと、

コメンテーター(英: commentator)とは、テレビ、ラジオなどのニュース及びワイドショー(情報番組)の解説者のこと。*1

そのまんまですが、一つの職業なんですよね。

でも、職業ではなく自己顕示欲のためにコメンテーター風にいろんなことをしている人が多いなあと、思うんです。

 

アンチというのも、一種のコメンテーターですよね。「××ちゃんの△△という言動は、ありえない!!!」とかいうね。

何故一消費者である我々がコメンテーターと化しているかというと、単純に企業がそれを求めたから。

プロ(批評家)とアマチュア(消費者)の垣根を非常にあいまいにして、消費者の感情をダイレクトに聞こうとしたからだと思うんです。

そのため、「商品」(飲食店からエンタテインメント、挙句の果てには政治家)に対する「コメント」を求めたんです。

「あなたの意見を聞かせてね!」というのは昔からもありましたが、それを他の視聴者・消費者にまで開示することはほとんどありませんでした。

ごくまれに雑誌などのメディアで、「こんなクチコミありました」と検閲した状態で載るぐらいしか。

それが、今は消費者からダイレクトに発せられる時代になった。

それでも通常の消費者であれば、「コメントを出す価値のある」ものに対して出すだけでよかったんです。

例えば、非常に感動して感謝の気持ちを伝えたい、というときや、ひどく怒っていて許せないと思った時など。いわゆる「普通のとき」には自分の中で消費して、終わるだけだったんです。

でも、それが例えばポイントだったり他からの称賛を得られるようになり、趣味として、もしくは自己顕示欲のために「普通のもの」にもコメントするようになった。

もう正直言うと、それは完全に相手の思うつぼなわけです。相手というのは、口コミサイトだったりいわゆる掲示板サイトだったり動画サイトだったりするわけです。

話が少しそれますが、企業から見ると、こんな美味しい話はないんです。

何故なら、本来労力と時間をかけなければならなかった「コメント(意見)」がほっといても無料であちこちであふれているんですから。

今までは「謝礼」をぶら下げて聞いていた意見や、わざわざオペレーターを雇って聞いていた意見が、無料で手に入るんです。

いわゆるまとめサイトとかネットの読み物サイトを作る時だって、数十年前に雑誌やらのメディアを作るのの何十分の一の手間でできるわけです。

例えば新作リップの記事を作りたい、というときには昔であれば、メーカーやらショップやらに取材を申し込み→リップの写真を撮り→実際に使っている人に取材をし→使っている人がいなければ誰かに使ってもらって感想を聞き→謝礼を支払い→記事を起こすみたいな手間があったのが、今では、twitterやらインスタグラムやらで「◎◎(リップ名)」と検索するだけでok。メディアによっては許可も取らず「引用」としてコメントやら画像やらを引っ張ってきて、それだけで記事が完成するわけです。

そんなわけで、皆さんの自己顕示欲というのは企業にとっては最小の手間で利益を得るための道具みたいなもんなんですね。

なので、「なんかこの社会、おかしくない?」と思ってもメディアでは取り上げない。一部の人たちは「インスタ蠅」とかって騒いでますが、そもそも自己顕示欲の低い人はいちいち自分の意見を声高らかに言いませんから。

 

さて、話が少しそれましたが。

 

そんなわけで、この世の中は「消費者の皆さんの口コミが世の中を動かすんです!」という方向になってまいりました。

そうすると何が起こるかというと、消費者の勘違いです。

「一消費者として、コメントさせてもらいますね。人それぞれですから、あくまで参考までにどうぞ」という気持ちから、「俺たち(実際はひとりかもしれない)の意見をもっと聞け。俺は消費者様だ」という慢心のようなものに変わっているんです。

現在の日本には、山のようなものがあふれています。本屋に行けば何万何十万という本が並べられていますし、お弁当屋に行けば何十種類ものお弁当があるところもあります。

その中から、自分の好みのものを選んで気にいればリピート・気に入らなければ「失敗だったな・自分には合わなかったな」となるのが消費者のあるべき姿だったかと思います。

それが、「失敗だったな」と認められないのが今のコメンテーター風な消費者なのではないでしょうか。

「自分が失敗したわけではない・店がor作者が悪い!」という、謎の方向性。

そしてまた、それをメディアが煽るんですよね。「炎上」とかいって。webに関してはプレビュー数が増えるとお金が入るという世の中ですし、場合によってはいい宣伝になるわけですから。そうなると、炎上しているのを見るのが楽しいというよくわからん人も湧いてきて、世の中はしっちゃかめっちゃかになっているんです。

そして、自分が迷惑をこうむったわけでもないのに事件やら何やらで「こんなひどいのがいる!!ありえん!!」となるのもね。

みんな感受性が豊かなんだなあという感じですね。子どもがいれば子どもに「こういう大人になっちゃだめだよ」と言い、「自分もこういう生き方はやめよう」と思うだけでいいのに、何を怒り、そしてそれを意見としてネットに書き込む必要性があるのか。

 

前に某テレビ局が「嫌なら見るな」などと言いましたが、それが消費者としてもあるべき姿だと私は思っています。

気に入ったら購入・取り入れる。気に入らなかったら、手放す。

なので、話があっちこっちに飛んでしまいましたが、例えば芸能人で、「×××の性格気に入らねえええええ!!」と思えば、ほっとけばいいんです。

芸能人・飲食物・芸術品・雑貨などの「商品」においての死とは、誰からも目にとめられず、触れられないことです。

誰からも興味を持たれない商品は、やがて廃盤になり「なかったこと」になるんです。

それでもどうしてもコメントせざるを得ないのは、不安だからではないでしょうか。

「俺、この本のここおかしいとおもってるんだけど、みんなもおもってる? ねえ? もしかしてこうおもってる俺って、変?」

「私この味嫌いなんだけど、みんな嫌い?私、世の中からはみ出してないよね?」

そういう確認のため、コメントをしてしまうんだと思います。

何故なら、「イイネ」の数をたくさんもらうこと=幸せなこととなっている世の中で、「みんな」の枠をはみ出すということは、自分が「なかったこと」になってしまうかもしれないという恐怖があるから。

ただ、世の中すべてが「イイネがたくさんもらえるもの」を目指し始めると、多様性・個性は死にます。

個性がある世の中が素晴らしいかというと、正直そのあたりはわかりません。例えば将来軍事国家を目指すのであれば、個性は不要です。みんなで同じことをして、みんなで死ねば安心するわけですから。

そして、どんどんと自己が死にます。昔よく言われていた「自分にしかわからないおしゃれ」(例えば下着とか靴のインソールとか)もSNSでさらけ出すようになり、食事は自分の心身を満たすためだけではなく、人から羨ましがられるために食べるようになりました。

自宅は誰かにさらされるために飾り、挙句の果てに「散らかっていてすみません」という、よくわからない謝罪まで生まれています。

そして消費者たちは、そのコメントや画像を隅々まで見て、「絵のバランスおかしくないですか?」「おうち汚いですね」「栄養バランス悪いですね」とか言う。別に直接迷惑をかけられたわけでも損したわけでもないからほっとけや。という感じです。

でもまあ、自己が死んだっていいわけです。考える必要がなくなるわけですから。

「今日は何着ようかな」と考えるときに、誰からも叩かれない服をチョイスすれば安心なわけです。

例え朝二日酔いで食欲がなくても「理想の朝ごはん」さえ作っておけば、いい人間になったような気持ちになれるんです。

自分と向き合わないことって、本当に楽ですから。

 

なんてことをどや顔で言おうと考えていたら、アンジュルムが全部言っててくれたっていうね。ひとりひとつの人生に、ひとりひとつの感動。


アンジュルム『泣けないぜ・・・共感詐欺』(ANGERME[I Can't Cry… The Fraud of Empathy])(Promotion Edit)

笠原桃奈ちゃんかわいい! 佐々木莉佳子ちゃんかっこよすぎる!そして安定のりなぷー!

 

 

で、何が結局言いたかったかというとyoutubeのコメント欄ね。

 

某アイドルグループの子が「嫌い」とか「ありえない」とかいうコメント、そろそろいい加減にしてくれませんか。

オーダーメイド商品でない限り、消費者が100%満足できるものというのはどんな生産者でも提供出来ません。

人によって、10%満足できればそこにとどまるというひととと、99%満足できなければ離れるという人、いろいろいることでしょう。

でも、そこにとどまると言った以上は黙ってとどまってろよ!!!と思うんです。

とどまっている、ということは責任があります。

少しでも不満が零れ落ちるのであれば、そしてそれを我慢できず垂れ流してしまうのであれば、そこにいる資格はないと私は思います。

一応アイドル達は「ずっと応援してください」とは言いますが、アンチ活動をするぐらいなら潔く流れましょう。

例えばそれが職業であれば(例えばブロガーだったらそれでお金を稼いでいるとか、youtuberでそれを収益にしているとか。ただしお金をもらうということは、責任が伴いますが)まだしも、そうでなければ次を探して旅立ったほうが良いのではないでしょうか。

なんでもコメントすりゃあいいってもんじゃない。

「自分だけが持っている意見」や「自分だけの暮らし」を公にしすぎず、心のうちに止めておくのはこれから消費者としてやるべきことの1つなんじゃないかなあと思います。

 

-----

さて、なんでこんなブログを書いたかというと単純にタイトルを書きたかっただけです。ええ、自己顕示欲の現れですね。

また、仕事柄SNSや動画サイトを見ることも多いので、そこで思っていることを書いてみたかったというのもあります。自己顕示欲の表れと、ある意味ストレス解消です。

なお、ブログでつらつら書いてるお前が言うなよ、という意見には、私もコメンテーター消費者に成り下がっているのかもしれないなと反省する所存であります。

たぶんあまり人に読まれるブログ内容ではないと思いますが、読んでいただいた方ありがとうございました。

次回からは普通のハロプロ記事を書きます!(たぶん)(ナセバナルが好きすぎて泣きそうです)


こぶしファクトリー『ナセバナル』(Magnolia Factory[Where there is a will, there is a way.])(Promotion Edit)

 

勝利したいぜ!

ハロプロ初心者さんは、モーニング娘。よりもこぶしファクトリーを推すといいと思う理由5選

DA PUMPの再ブレイクなどで、「ハロヲタってなんかいいぞ」とか「ハロプロちょっと気になる」という方が増えてきている気がします。

そんなハロプロにちょっと興味を持ってみたいなと思うハロ初心者さんにもし推すならこぶしファクトリーがおすすめだよ!というのが、今回の趣旨です。

理由は、ぶっちゃけまあ単純に覚えやすい人数というのもあるのですが、全員歌えて全員いい子でしかもストーリーがあるというのもあります。

Juice=Juiceもぜひ推したいのですが、だいぶ人数が増えましたし(現在8人)ややおっさんヲタが多く独特のコールやら流れやらもあり、女子とかドルヲタとまではまだ言えないという初心者さんでは、ちょっと難しいかなとも思いまして。(あくまで主観です)

というわけで前置きが長くなりましたが、

ハロプロ初心者さんは、モーニング娘。よりもこぶしファクトリーを推すといいと思う理由5選 スタートです!

ããã¶ããã¡ã¯ããªã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

はい、こぶしファクトリー

左から、ダイナマイトボディとド迫力の歌唱力が魅力の文学少女でリーダーの広瀬彩海ちゃん(あやぱん)ボイパもできておはガールも務めた正統派美少女井上玲音ちゃん(れいれい)天然ながらまっすぐな姿勢と成長力でヲタから大注目を集めている野村みな美ちゃん(のむさんorみんなのみなみな)スタイルお化けで涙なくしては聞けないストーリーを秘めた元大佐の浜浦彩乃ちゃん(浜ちゃん)ほんわり癒し系で伝説の研修生17期の1人で個人的に大好きな和田桜子ちゃん(わださくorらっこorさこ) です!

メンバーカラーが偏っているのは暖色系メンバーが相次いで卒業してしまったからです。現在は、どちらかと言えば寒色系メンバーが多いです。カラーに関しては今は特に衣装もそろえているほうが多いですし、覚えづらかったら、無理に覚えなくてもいいと思います。

ちなみにグループ名の「こぶし」は、「拳」ではなく「辛夷」という花から来ています。とはいえ「辛夷」は「拳」からきているようなのであれですが…。

とりあえず、こんな感じです!

ハロプロ初心者さんは、モーニング娘。よりもこぶしファクトリーを推すといいと思う理由① 5人で覚えやすい

身もふたもない意見ですが、やはり覚えやすいのは片手で収まるほどの子たちかなあと。こぶしは比較的(顔や体形も)個性的な子たちが多いので、覚えやすくもあると思います。1人ずつ特徴とともに、おとどけします! 上の写真の左から順番にいきますねー

 

ひとりめ! 広瀬彩海ちゃん


こぶしファクトリー広瀬彩海《自撮りアカペラ》キャンパスライフ〜生まれて来てよかった〜

彩海とかいて、「あやか」と読みます。ややぽっちゃりとしているあやぱんですが、決してものすごく太っているというわけではないです。お胸がやや大きめの、いわゆる「着太り」するタイプ。

アイドルは細くないと!!という人から見ればややぽっちゃりですが、いわゆるデブとかそういうところまでは行きません。(主観です)

ダイエットも頑張っているようで、今は↑の動画よりも細いです。

歌唱力はハロプロの中でもトップクラス。読書家でもあるので、本系の雑誌やwebサイトにもよく出ています。

性格は、良くも悪くも超真面目。真面目でリーダー故に、いろいろと背負ってるなあという印象。

詳しくは後述しますが、トレイニー出身なので責任感もあり、向上心もがっつりあります。

ついアイドルには感情移入してしまう、頑張っている子が好きという人にはおすすめです。

 

ふたりめ!井上玲音ちゃん


井上玲音ソロパート('15- '17)

細いからだと美しい見た目とは裏腹に迫力ある歌声が魅力の、井上玲音ちゃん。「玲音」と書いて、「れい」と読みます。

モーニング娘。’18の飯窪春菜ちゃんが推しと言っているのも、この子。おはガールとしても活躍していました。

ボイパの練習もしており、コツコツといろいろなことをやっていく子という印象。とにかく見栄えがいい子が好き、安定している子が好きという人にはぜひおすすめ。

この子もトレイニー出身です。

さんにんめ!野村みな美ちゃん


明日テンキになあれ レコーディング 野村みな美

多くのこぶし組(※こぶしファクトリーのファンの総称)が、「え・のむさん成長しすぎじゃね?」とざわついた伝説のレコーディング映像がこちら。

ほんわかとした見た目と話し言葉とのギャップが、最高。あごが出ていることも自覚していて自虐もできるので、いろいろと成功しそうな子。

真面目でスキャンダルなど起こしそうもない子なので(たぶん)推してて気持ちいい。

ブログも呼んでいて楽しいし、頑張り屋さんで一生懸命なので、「アイドルはスキャンダルと無縁でいてよおおお」とかいうおっさん真面目な方にもおすすめ。

よにんめ!浜浦彩乃ちゃん


こぶしファクトリー「懊悩あるある」ストーリーズ 浜浦彩乃編

研修生生活が非常に長く、多くのヲタから「浜ちゃんはいつデビューするのか…」とヤキモキされていた子。

オーディション時はまだ背も低く、歌もたどたどしかったけれど立派に成長。かわいい見た目なのに手足がものすごく長く、アンジュルム和田彩花ちゃん・川村文乃ちゃん同様スタイルお化けとか言われる子。

性格は真面目ながらちょこっと抜けているところも。ももちこと嗣永桃子ちゃんのヲタでもあります。

研修生時代には「浜ちゃん大佐」として抽選会(コンサートのソロ・2~3人組などの人選を決定するもの)を仕切ったりしていました。

ごにんめ!和田桜子ちゃん


☆Raccall Rap☆ (ラッコール・ラップ)【和田桜子】2017

モーニング娘。牧野真莉愛ちゃん・加賀楓ちゃん、Juice=Juiceの金澤朋子ちゃん、つばきファクトリー岸本ゆめのちゃん、新グループのリーダーに内定している一岡伶奈ちゃんと研修生同期の和田桜子ちゃん。

お父さんが元ドルヲタということで、色々と工夫していて、ブログで「らっこ隊」(コメント欄のナンバーがらっこ隊の番号となる)というイベント?をしたり、オリジナルラップを披露したりと面白い子。

広瀬彩海ちゃん同様ややぽっちゃりであか抜けない印象もありましたが、だんだんとしゅっとしてきて、髪を切ったあたりからはイマドキっぽい感じになってます。

何せまだ17歳。こっからぐっと大人っぽく&かわいくなるはずのメンバーちゃんです。

ハロプロ初心者さんは、モーニング娘。よりもこぶしファクトリーを推すといいと思う理由② 耳障りの良い曲が多い

イロモノ曲が多いイメージのこぶしファクトリーですが、聞けば聞くほどハマるスルメ曲や、思わず泣きそうになる曲もたくさんあります。

「ん、どこがサビ?」とか「歌詞に共感しづらいなあ」というようなイマドキのハロプロ曲とは、やっぱりちょっと違う。

女の子らしすぎないので、聞いてて爽快な気持ちになります。

とりあえず泣きたいとき向けの曲


こぶしファクトリー『辛夷の花』(Magnolia Factory[The Kobushi Magnolia Flower]) (MV)

王道ですが。井上玲音ちゃんの低音が、心地いい。


こぶしファクトリー『ドスコイ!ケンキョにダイタン』(Magnolia Factory [Dosukoi! Humble but Bold]) (Promotion Edit)

ネタ曲のように見える曲ですが、私はいつも泣きそうになります。「不況だなんだといわれても、全部だめになったわけじゃない」のところは、いつも泣きそうになってうまく歌えません。

元気が欲しい時向けの曲


こぶしファクトリー『チョット愚直に!猪突猛進』(Magnolia Factory [Foolishly Honest! Impulsive Actions!]) (Promotion Edit)

何度でも聞きたい。


こぶしファクトリー『明日テンキになあれ』(Magnolia Factory[Let it be a fine day tomorrow])(Promotion Edit)

5人になった背景を知ると、より愛おしくなる1曲。

メロディも大好きなスルメ曲


こぶしファクトリー『念には念(念入りVer.)』(Magnolia Factory [Be Double Sure (with ”NEN” Ver.)]) (Promotion Edit)

忘れんなアンブレラ。


2016夏OTODAMA_08『TEKI』こぶしファクトリー

テキッテキッ。

ハロプロ初心者さんは、モーニング娘。よりもこぶしファクトリーを推すといいと思う理由③ 背景のある子が多い

努力しているアイドルが好き、とか、物語性のある子に惹かれる、とか。

そういう人には、ぜひともこぶしをおすすめしたい。

まずは、浜浦彩乃ちゃん。


浜浦彩乃「夢は叶う」

とりあえず泣きたい人向け。(既に卒業した子たちもいますが、他の子たちも長い下積みを経てきた子たち。あと矢島舞美ちゃんがかわいい(?))

同期や後輩が次々デビューしていくのを見ていた浜浦彩乃ちゃん。浜ちゃん大佐をやってたのだって、心の底から楽しめたわけない。

だからこその、この号泣。この涙。

 

続いては、広瀬彩海ちゃんと井上玲音ちゃん。


広瀬彩海、井上玲音、小片リサ、橋本渚、堀江葵月 ライブ

元々はナイスガールトレイニーというグループに所属していたあやぱんこと広瀬彩海ちゃんとれいれいこと井上玲音ちゃん。(ちなみにつばきファクトリー小片リサちゃんもいます。ほりえってぃこと堀江葵付きちゃんもいます。橋本渚ちゃんは卒業済み)

ビール箱の上で踊ってたとか、お客さんが全然いなかった、とかそういう話も聞きました。

そんないわゆる「苦労人」の2人。元ロコドル・地下ドル系だとアンジュルムのはちきんこと川村文乃ちゃんも人気ですが、この2人(と、りさまるちゃんとほりえってぃちゃん)もそうなんです。

 

野村みな美ちゃんと和田桜子ちゃん(と、浜浦彩乃ちゃん)


研修生を知らない人のための「おへその国からこんにちは」

17期ちゃんたちに加え、モーニング娘。羽賀朱音ちゃん、アンジュルム佐々木莉佳子ちゃんや室田瑞希ちゃん、つばきファクトリー新沼希空ちゃん、カントリーガールズの山木梨沙ちゃん、船木結ちゃん、そして私の劇推しのJuice=Juiceの段原瑠々ちゃんなどなど!もいます。

↑ここから、こう↓ですよ。もう、それ以上言葉はいらないんじゃないかな、っていうね。


こぶしファクトリー《アカペラ&ボイパ》GO TO THE TOP!!

特に野村みな美ちゃんは、浜浦彩乃ちゃん&井上玲音ちゃんのツートップに推されてデビュー当初はそこまで目立つ存在ではなかったんですよね。

そこから楽しいブログやパフォーマンスを磨いてきたことで、現在はこぶしに欠かせない存在に。歌割も良いところ貰って、ヲタから「のむさんの成長で目からハイドロポンプ」とか言われてるんです。

 和田桜子ちゃんも、ちょっとぽっちゃりしていた時期もあり、デビュー当初から人気はこぶしのなかでは下位。でも髪を切ったあたりから「さこかわいい!!!」という意見が増えてきました。

女の子はやっぱりぽっちゃりする時期があるわけで(私も18~20歳あたりが一番太ってました)(別にどうでもいいかもしれませんが)でもそれに「太ったり痩せたりもするもんだし♡」と胡坐をかかず、ビジュアル向上に努めてきた和田桜子ちゃんはやっぱりいいなあと思うんです。

ハロプロ初心者さんは、モーニング娘。よりもこぶしファクトリーを推すといいと思う理由④ 行きやすいイベントがそこそこ多い

こちらも身もふたもない意見ですがwそして在宅の私が言うのもなんですがw

やっぱり、モーニング娘。アンジュルムあたりと比べてややまだ人気が足りないということもあり、リリイベなんかもかなり頑張っています。

比較的抽選倍率も低めなので、現場派であれば一度行ってみても良いのでは。在宅の私でも思わず行きたくなりますw

一応こっち、貼っておきますね。こぶしの6thシングルのイベント関係がまとまってるページです。

コンサート&イベント|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

コンサート&イベント|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

ハロプロ初心者さんは、モーニング娘。よりもこぶしファクトリーを推すといいと思う理由⑤ 新曲が多幸感にあふれてた


こぶしファクトリー『きっと私は』(Magnolia Factory[I must be…])(Promotion Edit)

サムネの桜子ちゃんかわいすぎか。

何度も見たくなる新曲。6thシングル「きっと私は」です。まだ「ナセバナル」の方は出てないのですが、こっちも期待。

2018.8.8発売です。覚えやすいですね。8の日。元々8人だったこぶしにかけているのかしらという邪推もしてしまいますが、そこはこれ以上つっこまないようにしよう。

ハロプロ初心者さんは、モーニング娘。よりもこぶしファクトリーを推すといいと思う理由5選でした!

元々8人でデビューしたものの、いろいろとあり(詳しくはググってください。もしくはwiki参照)5人になったこぶしファクトリー

ですが、逆にむしろ「抜けたからこそ」信じられる・頑張ってくれる5人になったともいえます。

まだまだ若いグループですので(たぶん)卒業もしばらくはありません。出ている楽曲の中身的にも(おそらく)増員やテコ入れも今のところなさそうです。(この辺ただの個人の見解です)(責任はとれませぬ)

まさに今、次のシーズンの花を咲かせようとしているこぶしファクトリー。ぜひ、ぜひぜひ、推してください!!

 

(20190724リンク切れ動画を一部修正しました)