QとかJとかIとか

娘。Q期やらJ=Jやらアンジュやらを愛しているブログです。妄想が大好きです。

あいあいこと相川茉穂ちゃん卒業で腐ってた私が思う、アイドルってなんぞやという話

あいあい卒業以来の私は、なんとなく腑抜けでございました。プライベートでばたばたしていたというのもあるんだけどどうにもアイドル熱があがらず。

つばきの新曲を聞いて「きしもんいいなあ」と思ってみたりはしてたんだけど。どうにも。むなしいなあって思ったのです。

アイドルをいくら追いかけたって、いつかは一般人になる。思えば、卒業後推しが芸能界を引退したのってあいあいが初めてだったんですよね。あとはなんだかんだで残ってる。

ベテランレベルのアイドル好きの皆さんから思えば「青いな」っていう感じだとは思うんですが。(この年になって青いって言われるとちょっと嬉しいけど)

 

まあ、あいあいの場合はやっぱりちょっと特殊で。病気→療養→ひっそり卒業だったせいもあるのかな。

他の好きだった子(めいめいとよっすぃーとか)のときには「卒業しまーす」→卒業コンサートみたいので心の準備とかもできていたしね。

というか!というかね!!

アンジュも思わせぶりなことすんなよおおおっていう毒を吐きたい。

「ナミダイロノケツイ」とかさ…ジャケ写とかも…期待しちゃうじゃん…。


アンジュルム『ナミダイロノケツイ』(ANGERME[Tear-Colored Decision])(Promotion Edit)

大好きな曲だけど、まだ卒業発表以降1度も聞けてない…。

 

もちろん、あいあいにもアンジュにも事務所にも責めたりする気持ちはないんだけどね…。覚悟はしていたというか。

病気の中身的にも、もう正直復帰は厳しいとは思ってましたが、書面だけで。あっさりと。かあ…という…。

(そもそも本当に病気だったのかなとかというのは思わないことにしてる。こぶしがいろいろあっただけに考えたいけど考えたくなくなってしまう)

そう思うと、アイドルを追いかけるというのは未来とか過去につなげちゃいけないんだな、と思うんです。

今の時点のアイドルだけを見ているというのが、正しい追いかけ方なのかもしれないんだなと思ったんです。

例えば、「この子将来有望だなー」とか「××歳になったら化けるかも」とかいうのはNG。

「過去にこういうキャラだった」とか「過去にこんなこと言ってた」というのもNG。

今!この状態が!!かわいい!!!!という子だけ見ていないとダメなんですね。

今流行の「10年先の自分でも使えるアイテムを選ぶ♡」みたいなノリでアイドルを追いかけてはいけないんだなと。

大げさに言ったら、あと5分後に「あたし引退しまーす☆」と言って芸能界からいなくなってもおかしくない存在。それがアイドルなんだなあと。

中二風に言うと「刹那的存在」ってやつですかね。

そもそもアイドルって何だよ。というとアイドルって、ただの職業なんですよね。その子そのものがアイドルなんではなくて、職業のうちの1つ。

だから、例えば警察官が家の中で常に警棒を持ち歩いて警戒しているわけもなく。教師が休日に授業をしているわけもない。

だから、アイドルだってオフタイムはただの人間なわけです。ブログでプライベート切り売りしてるから一瞬錯覚するけど。そう思えば、あいあいが卒業したことだって受け入れられる。

あいあいは「アンジュルムのあいあいというアイドル」という仕事を辞めただけ。私が好きだったのは相川茉穂というひとりの人間ではなく、「アンジュルムのあいあい」。

だから、「アンジュルムのあいあい」に会いたければDVDを見ればいい。

読み終わった本を何度も読み返したり、最終回を迎えたドラマをもう1回見るみたく。

人が生み出すエンターテインメントというのは、いつか終わりがあるもの。

大長編の漫画だって老舗雑誌だって、いつかは終わる。諸行無常

モーニング娘。も、終わってはいないけれどやっぱり変わってた。ある意味、私が好きだった時代の空気は終わっていて、新しい空気になっていた。

 

そう思うと、今のアイドルちゃんたちを応援する気が…失せたのです。元々沢山お金を使って沢山布教するヘビーヲタクではなかったので別にてめえにゃ応援してもらわなくていいぜこらぁっていうのだとは思うんだけど。

 

まあ、ちょうどいつのまにか出ていた娘。の「まーちゃんフィーバー」に食傷気味だったり(ごめんなさい)こぶしのもろもろで「未来を信じてアイドル応援するのは辛いなあ」と思って℃-uteの動画をあさりまくったりあややの動画をあさりまくったりしているうちに「…今のハロプロはもういいかな…」とか思い始めてきていたんです。

それでもやっぱりJuice=Juiceは好きなんだけど。瑠々ちゃんかわいいし。ゆかにゃ好きだし。


Juice=Juice - TOKYOグライダー

 

でも「もっとこの編成のメンバーを見ていたい!!」とか「今後の◎◎ちゃんに期待したい!!」とかいうのはもうやめようと思ったのです。

 

 

私達は消費者なので、それに対し受け入れる以外の道がないんですよね。嫌なら流れろ。それだけ。

だから、今の時点で「あ、今のこのグループ微妙だな」と思えば見ない選択をしようと思うし(今まではそれでも推しがいるから!と応援してた)お金や時間を使うのもやめようと思った。

そのうえで、好きな曲は好きだし。好きな子は好きだけど。でも、それだけにする。今の自分が満たされればそれでいい。

もう、こう言ってしまってはファン失格でしょうが、

アイドルのために応援するのは辞めて自分のためにアイドルを応援しようと思ったんです。

自分がいま楽しいから。今聞きたいから。今見たいから、アイドルに触れる。

「おーえんありがとおございまーす」とかみんな言うけど。ごめんねって思うけど。

よく考えたら、アイドルを職業と思えばそういうこと。

ケーキ屋を応援したいからと言って、病気になるほどケーキを食べる必要もなければ借金をしてまで買う必要はない。

自分がケーキを食べたいなって思うときにそれを選べばそれでいい。

 

だから。

見たいと思うときに、卒業のことは考えずに「アンジュルムのあいあい」を堪能しようと思います。

そして「かわいいな」っていう気持ちだけを大切にして、普段の生活に戻ろうと思います。

 

 

ぐだぐだ意味わからないことばっかり言ってごめんなさい!

書きかけの竹内朱莉ちゃん推し記事があるので、なるべくはやく仕上げて投稿したいなーと思いまーす。ではではまた。どろん。

 

 

f:id:tocococo:20171114143143p:plain

あいあい、ありがとう。

ひとりの女性として、幸せになってください。