QとかJとかIとか

娘。Q期やらJ=Jやらアンジュやらを愛しているブログです。妄想が大好きです。

何の脈絡もないけど、モーニング娘。9期について語ってみる。

あいあいこと相川茉穂ちゃんの件が無ければ、1月に書いてアップしようと思っていた記事。何か月もたってしまって、特に9期に何のかかわりもない時期になってしまいましたが、やっぱり書きたくなってしまったので書いてみます!

https://stat.ameba.jp/user_images/20150719/09/morningmusume-9ki/8a/2c/j/o0480036013370076333.jpg?caw=800

はい、9期!

左から、マシュマロボディとパワフル歌唱が魅力の現リーダー譜久村聖ちゃんと、この写真では痩せてるけどぽっちゃり系アイドルをしていたこともある鈴木香音ちゃん(現在は芸能界引退)と、クロバットができるKY系美女アイドルサブリーダーの生田衣梨奈ちゃんと、現在は留学中でかつての娘。のエースだった鞘師里保ちゃんです

メンバーカラーがピンク・緑・黄緑・赤と偏りまくってますが、もともと生田衣梨奈ちゃんは紫でした。このあたりはちょっと語ると長くなるので割愛。(いや、単純に生田衣梨奈ちゃん憧れの先輩である新垣里沙ちゃんから受け継いだっていうだけの話なんですが、私の思いを語ると非常に長くなるんです)

現在はぽんぽんコンビともいわれる譜久村聖ちゃんと生田衣梨奈ちゃんのみがモーニング娘。に在籍しております。

 

 

 モーニング娘。はなんだかんだで「期」を大切にするグループだと思います。他のハログループも多少はあれど、歌割やライブの構成まで「期」で固めることが多いのは珍しいんじゃないかな。カンガルなんかはあってないようなもんという感じ。(のような気がする)

そして、特に9期が入ってから今までの間、一緒に活動してきたメンバーは「期」をとーっても大切にするメンバーだったと思うんです。

例えば、高橋愛ちゃん・新垣里沙ちゃんのいる5期(そして、9期加入時には既に卒業していたけれど紺野あさ美ちゃん・小川麻琴ちゃんもいる)。「愛ガキ」とかいってもうこれは事務所公認のガチコンビ。

そして、道重さゆみちゃん&田中れいなちゃんの6期(亀井絵里ちゃん・藤本美貴ちゃんは以下略)。ここも、かなりガッツリライン。「6期トーク」とかいってライブでもコーナー持っていたしね。

7期、8期はソロ加入だったのでちょっと置いておいて。

そして、10期。10期はもうはた目から見ていると女同士のドロドロトラウマを思い出して鬱になるぐらいの密着具合。「10期最強!!!!」「10期の絆!!!!」というのが非常~~~~に強い期。もしかしたらファン&メンバーがものすごい結束を感じている期っていうのは、20年の歴史の中でもここだけじゃ?と思う。こんなに「期」の強さみたいのを感じたのは、初期以来かもしれない。

そして、こちらもソロ加入の11期は置いておいて。

12期は何とも言えずちょうどいい感じの距離感。真莉愛ちゃん(だったかな?)あたりがバラバラ、とも言ってましたが、ギスギス感はなかったと思います。13期は、2人加入ということもありこちらも割といい感じ。14期はソロ加入なので以下略。

 

と、9期が加入した後の「期」を見ると、5~6期が非常に結束が強く、9期でがっくり落ち込み、10期で盛り上げに盛り上げ、12期以降は程よく落ち着く。という流れに思えるんです。

これは、「5~6期(かつては、2期・4期あたりも)の絆とかいいよね」って思ってた大人たちが、9期のあまりのバラバラ具合にびっくりして10期に「ちょ、絆とかもっとアピールして!!」と言い過ぎてちょっとやりすぎちゃって、12期以降は「普通にしてていいから」「そのうち絆っぽくなるから」と言っていたのでは?と疑ってしまうぐらいの曲線的ばらつき具合。

まあ、別にそんなこともなく、単純に10期は仲が良いっていうだけの話だと思うんですが(実情は知らないので、とりあえず表面上だけの話をしておきますね)

そんなわけで、前置きが長くなりましたが、9期はバラバラだったと言われているんです。もしくは、不仲だったと。

別にアイドルはメンバーと仲良くしなくてはいけない決まりもないですし、あえて仲良しアピールしなくても自分たちが仲いいと思っていればいいはずなので、別に不仲がダメとは言わないのですが、仲がいいとか悪いとか、そういうのを超越して9期って最高なんだよなあと思うんです。

9期の何がいいっていうと、バランスなんです。見た目も(最後はちょっとみんな太っちゃったけど)スキルも性格も。本当にバラバラなのに、バランスがとれている。

今回は、そんな9期の魅力を語ろうかなあと思ってます。

そんなわけで、

何の脈絡もないけど、モーニング娘。9期について語ってみる。スタートです!

9期の魅力その① お互いの呼び方

9期の何がいいというと、実はほとんどいわゆる「ニックネーム」で呼び合っていないことなんだと思うんです。

モーニング娘。は結構、ニックネーム文化(?)があるので、10期内ではほとんどニックネームで呼び合ってるんですよね。工藤遥ちゃんは同期から「どぅー」と呼ばれているし、佐藤優樹ちゃんもみんなから「まーちゃん」って呼ばれている。

でも、9期は半分以上が独自の呼び方。(水色が独自の呼び方)

譜久村聖ちゃんからは→「えりぽん「里保ちゃん」「香音ちゃん」

鞘師里保ちゃんからは→「ふくちゃん」「えりぽん「香音ちゃん」

生田衣梨奈ちゃんからは→「みずき」「里保」「香音ちゃん」

鈴木香音ちゃんからは→「みずきちゃん」「えりちゃん」「里保ちゃん」

まあ、ニックネームがやや呼びづらいというのはあったと思うんですが(ヤッシーとズッキだしね…)でもやっぱり、萌えるわけです。

特に、唯一「えりちゃん」呼びをする鈴木香音ちゃんに萌えてみたり、唯一「みずき」呼びをする生田衣梨奈ちゃんに萌えるわけなんです。

たぶん、鞘師里保ちゃんを「里保」って呼ぶのは、私が知る限りハロプロの中では生田衣梨奈ちゃんだけなんです。あとは「鞘師」、「鞘師さん」、「りほりほ」(これは道重さゆみちゃん)あたり?

個人的に生田衣梨奈ちゃんが「亜佑美ちゃん」って呼んだり「優樹ちゃん」って呼ぶのにキュンキュンするよくわからん系ヲタクなので、この辺本当にポイント高いんです。

なんというのかな、プライベート感を感じるんですよね!それも、「あかねちん」とか「はーちん」「ちーちゃん」というちょっと崩したニックネームじゃなくて「香音ちゃん」という初顔合わせのときから親友になっても使える呼び方をしている、というのがね…もうね、やばいんです。

うまく言えないけど、「◎◎ちゃん」と呼んでいるだけで、この9期の関係はいいなあって心の底から思うんです。

9期の魅力その② バランス

エッグから1人、スキルメン1人、ビジュアルメン1人、3枚目キャラ1人で選ばれた9期は、本当にバランスがいい。

なんと言いますか、当時のモーニング娘。5人にうまく後継者を作ったなあと思うんです。

前に何かで言ったような気もするんですが、「まじですかスカ!」のMVでの組み合わせが、そのまんまだったのかなあって思うんです。


モーニング娘。 『まじですかスカ!』 (MV)

田中れいな鞘師里保(スキルエース)

道重さゆみ生田衣梨奈(ビジュアル&バラエティエース・ぽんこつ枠)

新垣里沙譜久村聖(縁の下の力持ち系・まとめ役)

光井愛佳鈴木香音(明るい系・MVでのおふざけ枠)

実際そういうキャラで成長しているので(思った以上にフクちゃん&えりぽんは伸びて縁の下・ぽんこつではなくなってきたけど)この時期にこれを考えた人すごいなあって思う。

そして、既にその次の「彼店」では本当にそんな感じでしたからね。


morning musume - 彼と一緒にお店がしたい (HD)

さゆと同じように寝顔カットのある生田衣梨奈ちゃんと、メイン張っている鞘師里保ちゃん。りほりほと同い年なのになぜか1人ランドセルの鈴木香音ちゃんと「バイトシフト~」のパートをもらった譜久村聖ちゃん。

キャラ被りもほぼなく、優等生お嬢様、スキル高いエース、KY系美女、笑顔がかわいい系でバランスも良かった。

あー娘。始まったなあなんて思ったわけなんです。

9期の魅力その③ 10期加入と、1人だけ推された9期

これが魅力なのか何なのかは置いておいて。

早かった。10期入るの。「えっ…」ってなりましたもん。

特に、高校生メンバーがガッツリ入ったんじゃなくて、中学生だったし。「よーやく名前と顔覚えたのに…えっ、今?!」と。

後から、もともと9期でもっと人数とってガラリと入れ替える予定だったという構想も聞いて、「ああそうだったんだ」とは思いましたが。

9期メンもそりゃ崩れ落ちますよ。

ようやくファンからも認知されてきて、頑張ってきて、コンサート成功させて。ちょっとやっぱり、かわいそうでした。

もちろん、10期が悪いとかじゃないんですけどね。

で、フタを開けてみれば9期vs10期対決とかやらされて、絆()の力で負けちゃって。

いつの間にやら「普通に仲良し」の4人が「バラバラ」の4人という位置づけになっていたわけです。

思わずこれは、「事務所が10期メンを推したいから9期はバラバラっていう演出してるの?」とか思ってしまったこともあったんですがw

だってね、これですよ。ちゃんと9期は9期でまとまってる。というより、年頃の女子の関係っていうのは、これぐらいのほうが普通ですよ。


新垣里沙 涙の卒業コンサート(ハロプロ!TIME#57)

9期は、本当に複雑な期だったと思う。10期はそこまで一人だけ推されている子も干されている子もいなかったけれど(当時)、鞘師だけが推されていて、辛かっただろうなあ。と。月夜の~を見ているみんなの顔が切ない。

そして、ドンキにいる4人がかわいくて、生ガキが死ぬほど愛おしい。(特に関係ない話ですみません)

こう考えると、3期や11期は1人加入が正解だったんだなあとか思ってしまう。でも、それだと鞘師はつぶれてしまっていただろうしなあ…。(さすがにあそこまでキャリアが開いててしまっているとなあ…)難しい。

でもだからこそ、10期は絆の力で戦おうと思ったのかな?どうだったのかしら。

でも、その鞘師里保ちゃんに対する3人は本当に偉かった。コツコツスキルを積んで努力してきた譜久村聖ちゃんに、「負けんもん!」っていい意味で同期らしい立ち位置をキープしてきた生田衣梨奈ちゃん、ずっとにこにこしながら寄り添っていた鈴木香音ちゃん。

誰が1人欠けていても、鞘師里保ちゃんはもっと早くにつぶれてしまっていたんだろうなあと思います。

9期の魅力その④ 初めての卒業が、エース鞘師里保

これが魅力かというと以下略。

特に9期は、同期で全員一緒に卒業☆っていうのないだろうとは思ってました。今までも同期の中で2人一緒に卒業~とかはありましたが、まあそれでもグループの特性的にいつか誰かが抜けていくんだろうな、というのはありました。

まあ単純に年齢だけで行けば、譜久村聖ちゃん。あとは、いろいろ道を身軽に見つけていきそうだな、と思ったのが生田衣梨奈ちゃん。エース鞘師は事務所が手放さないだろうと思ったし、鈴木香音ちゃんは若かったし(とはいえフクちゃんとかとそんなに変わらんけどw)、いつも楽しそうだったから長くいるのかな?とも思いました。

それが、鞘師里保ちゃん。

まあ、最後の方は色々辛そうだったですし、「お疲れ様。本当によく頑張ったね」というノリでしたが…。(まあohmywishで香音ちゃんがメイン張ったり、えりぽんおはガールしたりとそれなりにいろいろありましたが)

じゃあ残り3人はどうかというと、そこが少し…うん、分かれてしまったところかなあと。

小田さくらちゃんと並んで歌のメインをガッツリとった譜久村聖ちゃんと、歌唱力を(当社比ではあるが)上げて歌割を少しずつ増やしていった生田衣梨奈ちゃん。

鈴木香音ちゃんは…どうしたんだろう。リバウンドしてしまったせいなのかそうでないのか(表向きはそうでないですが)卒業。

里保ちゃんがいなくなって、心が折れてしまったんだろうか。このあたりちょっとわからないのですが、まさかの9期でも年少組だったりほかのが先に卒業。

このあたりのアンバランスさが、なんというか…9期だなあと思うんです。

誰もが10期の最初の卒業者が工藤遥ちゃんになると思っていなかったみたいに、誰もが9期でりほかのがぽんぽんより先に抜けるなんて思ってなかったはずなんです。

個人的に私は、9期は鞘師里保のために集められたメンバーだと思っているんです。鞘師里保をサポートし、更に鞘師里保を脅かせる可能性のある子たちが集められたと思ってるんです。

だからこそ、その鞘師里保ちゃんが抜けて、9期の土台がぐらついている。

でも、そこを踏ん張ったのが、譜久村聖ちゃんの強さであり、生田衣梨奈ちゃんのしなやかさだと思うんです。

「里保がなんぼのもんじゃい」。そんな風に言えるぽんぽんだからこそ、9期には魅力しかないなあと思うんです。

9期の魅力その⑤ アイサレタイノニ...

www.nicovideo.jp

 

9期4人での、ユニット曲。「アイサレタイノニ...」

ダンスフロアに魂を込め、というところから始まる歌詞は、まさに鞘師里保ちゃんをイメージしたと誰もが思ってしまうような曲。

でも歌詞を知れば知るほど、ああ違うなあ。これは9期の曲なんだなあって思うんです。

www.kasi-time.com

 

「太陽のように」と「何も怖くない」を両立できる期は、きっと9期だけ。明るい期は確かに今までもたくさんあったし、っょぃといわれる期もあった。

でも、その両方を兼ねそろえて、「夢と感動を振りまける」のは、9期だけだと思うんです。

ええ、ただの盲目ヲタですが!!

そのうちぽんぽんと13期あたりでカバーしてほしいな。もちろん、ぽんぽん2人ででも!

何の脈絡もないけど、モーニング娘。9期について語ってみる。でした!

何が言いたいのかよくわからない記事でしたが、読んでくださった方ありがとうございました。

最初にうまくまとめると、「9期最高!!」ということです。(ハテ)

例えわずかな時間であっても、9期4人が揃った姿が見られるだけで幸せなヲタクなので、9期がこの4人で本当によかったなあと思う毎日なのでした。

公の場では二度と見ることはないと思いますが(香音ちゃんは芸能界を卒業しているし)、いつか4人でハワイあたりでのんびりと過ごして「あんなときもあったね」なんて話していたらいいなあと、妄想しております。

 

お気に入り9期動画をまとめて、終了しまーす!えりぽんばっかりですがw


モーニング娘。 9期決定SP 1

やっぱ鞘師は別格。えりぽんかわいい。


Sayashi Riho 鞘師里保の「絆」と 生田衣梨奈の「愛」

ピンポンダッシュが愛おしすぎてもう…。


The backstage of ULTRA SMART

ぽんぽんの誓い。


生鞘のびみょ~な距離

衣装かわいい。生鞘が好きです。(そうです)本音が言えないちんげーるな里保ちゃん。


モー娘。道重、後輩の成長喜ぶ モーニング娘。コンサートツアー2013秋 ~CHANCE!~

このまま9期が引っ張っていくと思ったのに…。


個性的な9期 その9 ~カラオケ編2~(譜久村聖、生田衣梨奈、鞘師里保、鈴木香音)

えりぽんが好きになるDマガ。りほりほが笑顔で何より。


鞘師里保、最後のモー娘。単独公演に涙 真っ赤に染まる武道館「人生の宝」 モーニング娘。'15コンサートツアー秋~PRISM~

泣くわけないでしょ、泣くはずがない。


モーニング娘。'16「声~乙女のタイミング~YAH!愛したい!~愛して 愛して 後一分」2016春【EMOTION IN MOTION】

大好きで、大好きで、大好きすぎて。


ぽんぽんコンビ その9(譜久村聖、生田衣梨奈)

例え2人になっても、9期は最強です!!