QとかJとかIとか

娘。Q期やらJ=Jやらアンジュやらを愛しているブログです。妄想が大好きです。

稲場愛香ちゃんがJuice=Juiceに加入することで私が不安に思う3つのこと

先日Juice=Juiceの記事で、なんで7人組なのに2ndアルバムが8/1発売なの?ということをちろっと書きましたが、こういうことだったんでしょうか。(たぶんちがう)

tocococo.hatenablog.com

 

稲場愛香ちゃんの、Juice=Juice加入が発表されましたね。(詳細下記)

f:id:tocococo:20180614095611p:plain



ニュース詳細|ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト

稲場愛香ちゃん自身のブログでも言っていますが、「7人でまとまっている時期」に、1人加入。カントリーでの戦友だった梁川奈々美ちゃんがいるとはいえ、え、なんでJ=J?という感じでtwitterとかがワタワタしているのも見ました。

とはいえゆかにゃはやっぱりゆかにゃだったし、稲場愛香ちゃん自身はとても大好きなので応援したいなあとは思うのですが。


【ハロ!ステ#274】稲場愛香今後の活動について、モー娘。20周年企画、モー娘。12期定点観測、ハロプロ研修生LIVE、新グループ加入メンバー発表、ランチ MC:尾形春水

ですが。

このニュースを聞いたとき、私はとっさに3つの不安を思いました。

というわけで、日本語がへたくそですがそれをまとめてみようと思います。

稲場愛香ちゃんがJuice=Juiceに加入することで私が不安に思う3つのこと です!

稲場愛香ちゃんがJuice=Juiceに加入することで私が不安に思う3つのこと① カントリーガールズの存在

多くの人が「え、復帰ならカンガルだろ」って言っていたように、私もその思考です。もともとは体調不良でカンガルを卒業した稲場愛香ちゃん。復帰するならカンガルのはずが、入ったのはJuice=Juice。

カントリーガールズは活動セーブしてるから? でもだからこそ北研の活動も並行するという稲場愛香ちゃんにもぴったりだと思うのですが。

今後どうなるか注目されている一岡伶奈ちゃんのグループとかでもなく、既に忙しく働いているJuice=Juiceというところもミソ。

これはもしかして、「カントリーガールズ」は今後さりげなくフェードアウトしていきますよ。期待しないでくださいね。ということなのではないのでしょうか。

稲場愛香ちゃんがJuice=Juiceに加入することで私が不安に思う3つのこと② Juice=Juiceが加入と卒業を繰り返すグループになっていくのでは?という不安

モーニング娘。アンジュルムは、加入と卒業を繰り返すグループでもありましたが、Juice=Juiceは(つかぽんちゃんの脱退はありましたが)そういうグループではないと思っていました。

だからこそ2期の梁川奈々美ちゃん・段原瑠々ちゃん加入時にもファンが「をををい!!!」となったわけで。

そこからそこまで間を開けずに、稲場愛香ちゃんの加入。

これはもう、例えば宮崎由加ちゃんあたりが卒業するという運びなのではないかと。

ある意味モーニング娘。アンジュルムと同じようなグループになってしまう、ということですよね。

そこ(卒業加入がない)のが、Juice=Juiceの特徴だったはずが、それがなくなる。

定年制でも卒業しないのではっていうかすかな希望があったはずの、Juice=Juice。8名はやっぱり多いし、きっと卒業しちゃうんだろうなあっていうのが、見えてしまった。

Juice=Juiceは、私はメンバーのことだと思ってたんです。だからこそ「担当フルーツ」という、ジュースという言葉にかけたものまであった。

でも、このままでは、Juice=Juiceはただの「箱」や「器」になってしまう。もうグラス=グラスでも、カゴ=カゴでもいいから改名するといいのでは、と思ってしまう。

もしも宮崎由加ちゃんに他にやりたいことや夢ができての卒業ならいいのだけれど、やっぱり定年だからという卒業はしてほしくないなあとも思うんです。

稲場愛香ちゃんがJuice=Juiceに加入することで私が不安に思う3つのこと③ サプライズ発表とかどうなんだろうという思い

「加入することになりました!」とか、そういうサプライズ発表というのは非常になんというか…メンバーはやっぱり、駒なんだな、と思ってしまったのです。

一般企業でもイマドキ「あなたは明日から異動することになりました!」→「ハイ新しい部署はここでーす!ハイ、挨拶挨拶!」みたくはなりませんよ。

ある程度「ここにこういう形で行ってもらいたいんだけれど、いいかい?」というのが、あってしかるべきでしょう(たとえ拒否権がなかったにしても)。特に体調不良でカンガルを卒業した稲場愛香ちゃんには。

カメラが回っているところで、拒否権もないような雰囲気で。パワハラと言われても否定できないですよ。

ヲタたちは「メンバーの素が見れる♡」とかって、喜んでいるのかもしれませんが、非常に私は違和感を覚えました。

とはいえ、アイドル業界ではつきものではあるんですよね。AKB48とかでも組閣とかで泣いているのも見たことありますし、その「サプライズ」とか「下準備無し」っていうのがヲタ心をくすぐるのかもしれません。

ただ、これは宮崎由加ちゃんの覚悟とか包容力があるからこそ実現できたもの。例えばこぶしファクトリーorつばきファクトリーに電撃加入だったら、こんないい感じのVTRなんかできなかったかもしれない。特に増員をしたことが無いこぶしにしたら、どうなっていたのか。(娘。の森戸知沙希ちゃん加入のときのあんな感じになるはず…)

Juice=Juiceを箱にしか見ておらず、メンバーを駒としか見ていない。今回のvtrは、そんな風に見えてしまいました。

「加入してもらいたいグループがあるんだけれど、頑張れそうかい?」そんな風に、どうして聞けないのか。

つんく♂さんがプロデューサーやっているときは、オーデで「モーニング娘。、頑張れますか?」ってひとりひとりに聞いていた記憶があるんです。

事務所が「決定だからやれ」というのではなく、メンバーが「やらせてください」と言える環境。それだけでヲタの見る目も変わるんじゃないのかなあと思うんです。

 

以上、稲場愛香ちゃんがJuice=Juiceに加入することで私が不安に思う3つのことでした! 

色々と言いましたが、基本的に私は稲場愛香ちゃんが好きです。(えりぽん推しだからというのもありますが)

ダンスも歌も高スキルなので、Juice=Juiceが更にクオリティの高いグループになるのは間違いないし。

8人でのパフォーマンスが楽しみでもあります。これは間違いないです。

ただの消費者である私達は、受け入れることしかできないのですが。Juice=Juiceのメンバーと稲場愛香ちゃんがもっと心穏やかに、幸せに活動をしてほしいなあと思うおばちゃんなのでした。

読んでいただき、ありがとうございました!