QとかJとかIとか

娘。Q期やらJ=Jやらアンジュやらを愛しているブログです。妄想が大好きです。

推しについて、8000字分を語ってみる(モーニング娘。’17生田衣梨奈ちゃん編)

いろいろと推しのいる私なのですが、ハロプロにずっっぷりハマるきっかけになったのが、「えりぽん」こと生田衣梨奈ちゃん。正統派美人なのに、ぽんこつ。アイドル以外のことなら完璧なのに、アイドルとしてはいわゆる劣等生。マイペースで、ヲタが引くぐらいの新垣里沙ちゃんトップヲタ。そんな生田衣梨奈ちゃんをわわーって8000字分語ってみます。

途中ちょっとダメ出しっぽくなってしまったので…単純に「えりぽん万歳」的な記事が読みたい方は、後半の魅力語り部分だけ読んでくださいw

生田衣梨奈ちゃんについて、8000字分語ってみよう!

プロフィールはwikiとか見てもらったほうが早いのかな、と思うんですがざっくりと。

えりぽんプロフィール

  • 名前…生田衣梨奈(いくたえりな)
  • 誕生日…1997年7月7日(20歳)
  • 身長…157㎝
  • 出身地…福岡県

加入当初のえりぽん

えりぽん」の愛称で知られる生田衣梨奈ちゃん。20歳になったばかりです。加入当初は13歳。13歳って、自分何してた?とか思っちゃう。少し怒られるぐらいで数日引きずって、人間関係が嫌になったら保健室やら自室やらに閉じこもるような時期ですよ。そんな時期に、ものすごいプレッシャーを背負いながらモー娘。入り。…まあ、それを言ってしまったら世の中のアイドルみんなそうなんですけど。

それでも、生田衣梨奈ちゃんはやっぱりちょっと特殊かもしれない。ダンスを習っていた経験があり、モーニング娘。に加入したものの、同期にはダンスでは当時の現役メンバーをしのぐほどの腕前を持った鞘師里保ちゃん・エッグで下積みをしてきた譜久村聖ちゃんがいた。鈴木香音ちゃんは、ダンス未経験だったけど「教えて」が言える子だった。未経験だから仕方ない、というムードもヲタの目にもあったと思う。

そんな生田衣梨奈ちゃんは、オーディション時はそこそこ「できる」位置づけだったのにコンサートレッスンの時には「できない」「問題児」扱い。プライドもあったんだろうなあと思うけど、それでもつらかったと思う。

えりぽんの「KYキャラ」「いじられキャラ」はこの先どこへ向かうのか

実は甘えん坊で周りのこともしっかり気にできる美人な子なのに「KYキャラ」「いじられキャラ」になってしまった。それでも、生田衣梨奈ちゃんは「おいしい」と笑ってきた。絶対辛かっただろうなあと思う。へにゃ、って笑って「そぉんなことないですよぉー」とか「なんでですかぁー」とか言ってたけど。

「おいしいんだよ、こういう時は」「喜ぶべきなんだよっ」っていうのを、いつか道重さゆみちゃんたちが言ってたけど、あれで生田衣梨奈ちゃんは道を間違えたんじゃないかなって思う。ひどい言葉を使うなら「洗脳」されちゃったのかなあと。

もう少し「愛されキャラ」「妹キャラ」(つんく♂さんが言ってたよね)だったら、もう少し早くいろんな意味で開花したんじゃないかなあと思うんです。少なくとも、端っこに追いやられっぱなしってことはなかったような気がする。(でも当時は鞘師メインばっかりだったし、無理だったかなあ…)

そもそも先輩たちからあそこまでいじられる必要あったかな、と思ってしまう。やっぱり、私は「いじる」ってのはアイドル(お笑い芸人とかにでもだけど)に必要ないんじゃないかなと思うんです。いじってるほうもキツく見られちゃうしね。実は愛がある☆とかいっても、そんなの一見さんはわかるわけもなし。

生田衣梨奈ちゃんは、「にーがきさああん」って言って新垣里沙ちゃんを追いかけて「なんだよもぉー」って言われているぐらいがちょうどよかったんじゃないかな。「生田ほんとすごいんですよぉーでも大好きです」ぐらいで。で、どーしても「イジられキャラ」にしたいなら、後輩からガンガンいじられるぐらいでよかったと思う。「生田さん変です」とか「生田さん歌割少ないじゃないですか()」みたいな。そうじゃなくなったせいで、今9期が一番上になったのに、「怖い先輩キャラ」になってしまった。たまに石田亜佑美ちゃんや飯窪春菜ちゃん、小田さくらちゃんが突っ込んでるけど、ほんとは13期の加賀楓ちゃんや横山玲奈ちゃんがもっとガンガン行っても良いと思うんだ。

…とまあ、過去のことをぐじぐじ言っても仕方ないんですけどね。でも私はやっぱり、つんく♂さんが最初に言ってたように、生田衣梨奈ちゃんは「妹キャラ」だと思う。今は羽賀朱音ちゃんが妹キャラみたくなってるけど、やっぱり彼女はそうじゃないな、と思う。(あかねちんに対して書き始めると長くなるので割愛するけど)だれからも「しょーがねーな生田は」って思われるのは、生田衣梨奈の愛され力。その愛され力に男前エピソードのギャップが良いと思うんですよ。だから、時々ラジオでやってるように、飯窪春菜ちゃん&石田亜佑美ちゃんあたりに「ダメな年下先輩」としてもっと今以上にいじってほしい。だからこないだのラジオでの「どーせ『えりはねー』とか言ってるんでしょ」ぐらいのが良いなあと思う。

えりぽんの男前エピソードは、工藤遥ちゃん卒業後の女子人気を保つために必要な気がする。

スポーツ万能(最近はダンスも上達)でずっと体系キープをしていて、おしゃれ度も割と高い生田衣梨奈ちゃんは工藤遥ちゃん卒業後の女子人気を保つために必要な人材だと思う。ただ、工藤遥ちゃんとは「かっこよさ」のベクトルが違うので昔みたいに髪を切るのはいらないかな、と。

生田衣梨奈ちゃんの最大の武器は「ギャップ」だと思うんです。わたしは。(太字にしてみました)

きれいなのに、かっこいい。ぽんこつなのに、バク転する。歌えそうなのに、肝心なところで外す。滑舌悪いのに、あおりがかっこいい。気の抜けたダンスをするのに、突然キレキレになる。などなど。これはね、本当に女子の「庇護欲」とか「母性」をくすぐる武器だと思う。「歌が上手いだけ」「かっこいいだけ」「かわいいだけ」はやっぱり魅力を感じないですよ。その場で「すごいねー」で終わり。「ずっと見ていたい」「追いかけていたい」と思うのはギャップのあるメンバーだと思うんです。

そんな生田衣梨奈ちゃんの男前エピソードは、ほんとにたくさんある。最近話題になったのだと、すごいでかいスーツケースを抱えて走った、とか牧野真莉愛ちゃんを駅まで送ったり焼肉に連れて行った、とか。譜久村聖ちゃんが「不安なとき、えりぽんが『大丈夫よ』って言ってくれる。何の根拠もないのに。でも、本当に大丈夫なんです」みたいなことを言ってたけど、ほんと女子の憧れの男子そのものだと思う。できすぎの少女漫画のヒーローみたいな。その一方で「にーがきさああん」だったり「みずきぃ~」だったりするわけです。ダンスが踊れなくて泣いてみたり、滑舌悪くてせっかくのテレビ出演でも「え?何つった?」とか聞き返されちゃったりするわけです。物ボケでも面白いことがあんまりできなくてファンを「おいおい大丈夫か」「次えりぽんかよ」みたくなるわけです。

安定感がなくて、ファンをはらはらさせる男前。実は、アイドルとしてはこれが大事なんじゃないかな、と思う。正直小田さくらちゃんのパートは「小田ちゃんなら大丈夫」ってふつうにみているけど(まあ聞いた後は「やばああい」ってなってリピートしちゃうんだけど)、えりぽんのパートは「大丈夫かな」とか思って前のめりになっちゃう。

そして、工藤遥ちゃんの跡を継ぐためには、やっぱり相方が必要なのかもしれない。譜久村聖ちゃんで「ぽんぽん」は王道なんだけど、正直マンネリ夫婦化しているような気もする。もうハラハラしたりしないというか。「えり顔小さいって言われたあ」とか「生田さんくびれがあるから」みたいな話をしていても、「あらあら」程度。「これ、やばくない?!フクちゃん怒らない?!」みたいのはもうない…。

個人的にはビジュアル的にも加賀楓ちゃんが良いと思う。身長が高くてかっこよくてちょっとヲタな女の子。冷静な加賀ちゃんがガンガン突っ込んでいく。「生田さんは、もう少しボイトレしたほうが良いですよ」みたいな。で、「やってるよぉ」「じゃあ、もっとしてください」ぐらいの勢い。で、えりぽんには「楓」呼びをしてほしい。で、たまにいちゃついてほしい。これだけで、女子人気がうなぎ上りになると思う。たぶん。きっと。

えりぽんはこの先どうしたらもっと人気が出るのか

やっぱり「ギャップ」をもっと出すのも大事なんだと思うんですけど、個人的には「滑舌」と「トーク力」をもっと…と思う。せっかく美人さんなのに、もったいない。頑張れば、あのビジュアルがあればMCのアシスタントみたいなこともできると思うのに。

滑舌は、昔から言われているけど…うん、やっぱり…。ハル先輩のやつやファラオの墓のも見ましたが、やはり何喋ってるか聞き取りづらい。一生懸命耳を傾けて、分かる程度。早口なのかな?アクション女優目指すなら、しっかりしてほしいなあと思ってしまう…。前に、冷やし唐揚げでぷっすまに出てた時も「えり福岡県出身なんでー」を聞き返されてた気がする…。その分の尺ももったいない。そんなに難しい言葉じゃないし…。そして、その紹介もちょっとグダグダだった。草彅氏がフォローしてくれて、それっぽくまとまっていたけど、1回ぐらいは練習したのかな?とか思ってしまう。モーヲタしか聞かないような(失礼)ラジオなんかでは「えりはねぇー」でもいいかもしれないけど、外仕事では「私は」って言ってパキパキ話したほうが良いかなあと思う。ユースケ氏からいろいろ言われたときは「えへへへ」でいいかもしれないけど。「えりな」も実はうまく言えていないしね…。もしくは「生田は」かな…。

トークも、やっぱりちょっと分かりづらいことも。もう少し若ければ周りがフォローして「もー生田さんってば、トーク下手☆」とかしてもいいかもしれないけれど、この先を考えるなら一回どうにかしておきたいところ。ぷっすまでも「えりイカ釣ったんで!」とか結構何回か言ってたけど…うん…初見の視聴者もいっぱいいるしね…。ヲタは覚えてるかもしれないけど、普通の視聴者じゃいちいち覚えてないから…。なんで、もし言いたいのであれば「覚えてますか?前に出させてもらったイカ部で、めっずらしいイカ釣ったことあるんですよ!」ぐらい言えれば、「え?そんなことあったっけ」とか「もちろん覚えてるよ!」みたいな反応も返ってくるから番組的にも使いやすいんだろうなあと思う。その辺がね…KYというか…。ああんもったいないいい!って思うんです。

そして、「滑舌」と「トーク」が解消できたら…ぜひとも、ブログをもっと…!

これは、えりぽんだけじゃなくて全ハロプロメンバーに言えるかな、と思うんだけど…。ちょっとみんなつまらない。別グループの(しかもハロオタが嫌いな(?)48グループ)話で申し訳ないんだけど、HKT48指原莉乃ちゃんのブログは、アイドルファン以外が読んでもやっぱり面白いブログだった。「分かる人にはわかる」とか「ある程度バッググラウンド(メンバーとの関係性とか)が分からないと、意味が分からない」というネタばっかりではやはり盛り上がらない。自撮りがかわいいのはわかるんだけど、世の中の人は「自撮り=詐欺写メ」という先入観もあるので、かわいいのを挙げても「で?実際は?」となっておしまい。うまく興味を示して検索してくれても、ハロプロ特有の微妙な移りのアー写で「…ああ、うん」でおしまい。

「今日は、◎◎の撮影だったあー楽しかったあー笑笑」「☆☆食べたーおいしかったー笑笑」「最近、××と仲良し。笑笑 なんか気が合う笑笑」これじゃあ、新規ファンはつかないよ…と思う。

ネイルとか美容系にハマってるんであれば、自己流でいいからネイルの写メでもあげたらどうかなあと思う。仕事でネイルがもしできないなら、チップで作ってもいいんじゃないかな。「生田衣梨奈デザインのネイル」としてアメトピとかであげてくれるかも。

あとはやっぱり9期メンでハロプロでも上の方なので「オススメメンバー紹介」とか(かわいーって思う笑笑 とかじゃなくて、△△のときのダンスが上手いとか、◎◎の曲の××ってパートがすごいとか具体的に検索したいと思うように…何とか…)したら、あのビジュアルだし「優しい先輩キャンペーン」をしているようにえりぽんの性格の良さとか優しさがにじみ出るのになあ、って思うのです。

せめて、ブログの中に「起承転結」を入れれば、もう少し面白くなるのになあ。なんて。例えば、11/19のプリンを食べておいしかった♡lovelysの2人が好き♡的な記事だったら「今日、××に行ったとき…ふと気になるものを見つけちゃった☆→これ!(写メ)でも食べたら太るかなあって考えて…考えて…悩んで…。→どーしたと思います?笑笑→シンキングタイム中に大阪での話もー!(で、いろいろ乗せる)→(lovelysの話になって)女子力すごいなーって思ったよー→答え!やっぱ食べちゃったー☆とりあえず頑張って運動しまーす(アクロバット中の写メ)→とりあえず食べて運動するって女子力高いっぽくない?!」ぐらいの構成にするとか。まあ、上記は超適当ですが、これなら例えばアメトピにもあげやすい。「モー娘。生田衣梨奈が考える女子力とは?」とか「生田衣梨奈の運動風景とは」とか。「年上」云々の話も、「どっちが上やと思う??」とかして、ファンを楽しませる努力というか…。

忙しいのは分かるし、毎日こーいうの考えるのももちろん大変なんだけど…。「しごとくださーい☆」ってDマガとかでへにゃへにゃ笑いながら言うぐらいなら、やっぱりもらえるようなことをしないとなあって思うんです。

何せ、本当に本当にもったいない!!

ちょっといろいろダメ出しっぽくしちゃったけど、生田衣梨奈ちゃんは本当にポテンシャルの高い子だと思うんです。娘。とかハロの中ではやや歌唱力は劣るものの、(ヒャダインさんも言ってたけど)いわゆる「アイドル」の中ではそこそこ歌えるほう。成長もしているし、モーニング娘。’17の中でも決して下位ではないと思うんです。1曲まるっと歌うには不安もあるけど、もっともっと歌割あっても良い存在だと思うんです。声質だけでいうと、えりぽんより歌割貰ってる子たち(誰とは言わないけど)より私は好きです。

加えてあのビジュアル。黒髪でも金髪でもかわいいでもかっこいいでも似合うっていうのは、ものすごい武器だと思うんです。バラエティやドラマ、CMとかでいわゆる「イロモノ役」をやったりしてもいける、ということ。(余談ですが、メイド衣装もかわいかったですよね)そして、身体能力もめちゃめちゃ高い。これから東京五輪とかもあって、スポーツに特化したテレビ番組やネットコンテンツも増えてくると思うんです。そこに、あのビジュアルでアクロバットができるえりぽんだったらうまくねじ込めるはず。「アイドルがあの競技に挑戦!」でも「頑張るちびっこを応援!」でも「スポーツ系ドラマ」でもどのポジションでもいけるはず。(トーク力と滑舌さえクリアできれば)

だからこそ。。生田衣梨奈ちゃんにはがんばってほしい。このままいけば、譜久村聖ちゃんが卒業した後のリーダーは(W卒業とかなければ)生田衣梨奈ちゃんになる。その時に今のままではやっぱりちょっとキツい。誰にもイジられず、滑舌が悪く、KYなリーダーでは、やっぱりキツい。新垣里沙ちゃんみたく数か月限定のリーダーになったとしても…うん。やっぱりキツいし、卒業後もキツイと思う。

ユースケ・サンタマリア氏からもがっつり推されているえりぽん。あそこまで「えりぽんえりぽん」言われると、やっぱいっぱい検索もされるわけです。そんなときに出てくるのが気の抜けたブログに微妙な動画だと…「ふーん」で終わっちゃうわけです。乃木坂46生田絵梨花ちゃんと名前が似てる!とか、松岡茉優ちゃん推しメンの鞘師里保&現在リーダー譜久村聖ちゃん&ぽっちゃりアイドルで話題になった鈴木香音ちゃんの同期としても、話題になる生田衣梨奈ちゃん。

どうかどうか。えりぽんがもっと人気になりますように、とおばちゃんは思うわけです。

生田衣梨奈ちゃんの魅力とは

なんか、ダメ出しばっかりで魅力についてあまり触れていなかった…。ので、最後はえりぽんの魅力を5個出して終わりにしようと思います!動画付きですよん。

生田衣梨奈ちゃんの魅力① ビジュアル

いや、これはほんと。すっと整った顔立ちは、やっぱりハロプロの中でもかなり上位。クソ美人といわれるJuice=Juiceの植村あかりちゃんやSTモ佐々木莉佳子ちゃんともはれるんじゃないかなあと思う。モー娘。では、牧野真莉愛ちゃんや森戸知沙希ちゃんあたりがビジュアル組と言われているけれど、「一般受けしやすい」ビジュアルは生田衣梨奈ちゃんだと思う。アイドル好きには、ちぃちゃんかもしれないけれど。髪型とかメイクとか自己プロデュースも含めて「華がある」のは生田衣梨奈ちゃんの方かな、と思う。


今すぐ飛び込む勇気 生田衣梨奈ソロVer.

生田衣梨奈ちゃんの魅力② ダンス

池袋で見せる「サンシャイン生田」での必死さが最近あんまりない・やる気のなさげのダンス、とか言われていますが私はえりぽんのダンスが好き。脚もきれいにスパっとあがるし、やる気にさえなればものすごくキレキレ。個人的には、モーニング娘。’17のダンスよりアンジュルムとかのほうがあってるのかなーなんて思うけど…まあ、娘。にいるのだから仕方がないw 移動の時とかに一瞬気が抜けているのが惜しいと思うんだけど、でも「そうじゃない」でのウォーキングとかもやっぱり綺麗。

参考動画(One Two Thereeは紫/そうじゃないは黄緑)


『One・Two・Three/The摩天楼ショー』発売記念イベント@サンシャインシティ


モーニング娘。'16「そうじゃない」オリックス劇場

生田衣梨奈ちゃんの魅力③ 声

歌声、というよりは話し声なんですけど「えり知ってるよぉー」の声が、とてつもなくかわいい。今のモーニング娘。’17には似たような声質の子がいないので、ラジオとかでもすぐわかるんですよね。甘えるような甘ったるい声も、疲れてる時とかの低めの声も、どちらも良き。個人的にはDマガCMの「DVD、ダイジェスト、スタァト♡」→「こんな感じ?疲れたw」みたいのがツボ。


MORNING MUSUME。’17 DVD MAGAZINE Vol.90 CM

生田衣梨奈ちゃんの魅力④ アクロバット

反対派も多いアクロバットですが、私は賛成派。やっぱり場が盛り上がるし、「すげえええええ」ってなる。特に、華奢で背も低い女の子がぐるんぐるん回っているのは、かっこいい。単なる側転とかだと「ふーん」ってぐらいだけど(それでも何人かでやるとすごいけど)生田衣梨奈ちゃんレベルだと、「おおおおお」ってなるし、盛り上がる。「スカッとマイハート」ではちょっと微妙な感じだったけど、「弩級のゴーサイン」、ぜひとも地上波でやってほしい。見つかってほしい。


生田衣梨奈タイム


モーニング娘。'17「弩級のゴーサイン」Dance shot ver.

生田衣梨奈ちゃんの魅力⑤ 新垣里沙ちゃんへの愛

実は私がえりぽん沼にはまったのは、新垣里沙ちゃんのバスツアー映像を見てから。「何この子…」となり、一気にずぶずぶ。譜久村聖ちゃんとか、浜浦彩乃ちゃんとか広瀬彩海ちゃんとか、ハロプロには「ハロメン大好き」な子がたくさんいるんだけど、生田衣梨奈ちゃんは普段さばさばしていることもあり、そのギャップがいい。

普段は若い子に流れそう…とかいうファンに「流れれば?」と言ってみたり、「えり別にいいけん」とかいうノリのくせに、新垣里沙ちゃんの前でだけ本当に乙女で従順でかわいい女の子になる。

そして、新垣里沙ちゃんの卒コン映像ね!涙ッチで大号泣する生田衣梨奈ちゃん。本当に本当に、大好きだったんだなあって。そのあとの、田中れいなちゃん・道重さゆみちゃん・鞘師里保ちゃん・鈴木香音ちゃんのときには笑顔なのに。新垣里沙ちゃんから「簡単に泣いちゃダメ」って言われてそれを律儀に守るえりぽんがまた…ね。涙腺の弱い単純なおばさんは、感動しちゃうわけです。(たぶん工藤遥ちゃんの時も泣かないんじゃないかなあ…)

ふとした時に「もうこれからの時代は、Juice=Juiceだな」とか「こぶし推しになろう」とか思うんだけど、これを見るとやっぱり「えりぽんについていきますううう」となる。なかなか難しいかもしれないけど、テレビとかでまた共演してほしいなあ。

 

生ガキ最高!!!!


DVD「生田衣梨奈が5号車に!新垣里沙ファンクラブツアー in 静岡」


新垣里沙 涙の卒業コンサート(ハロプロ!TIME#57)

 

結論として何が言いたいかというと、これからも生田衣梨奈ちゃんを推すぞ!ってことです。

長々と8000字分、お付き合いありがとうございました( *´艸`)